女性器のように見えるすべてのもの

LGBTPZN Advent Calendar 2016 参加記事。

私がツイッターを始めたとき、南山まさかずはすでに死んでいた。私がツイッターを始めると、タイムラインに千代田まどかの状況が流れるようになった。千代田まどかは、エビデンスをエクセルでスクショする仕事を与えられ、適応障害に苦しんでいた。その後、別の企業に就職し、ホモ、松屋、職場の美少女に慰みを見出すようになった。さらに、マイクロソフトのエバンジェリストという肩書きを得て、今に至る。

インターネットではすべてがphotoshop可能である。南山まさかずの死でさえ、事実であるかどうかは分からない。本稿では、事実としての南山まさかずではなく、彼に言及したさまざまな声が織り成す神話を、考察の対象とする。

南山まさかずについての神話は、典型的には以下のような類型を持つ。第1に、彼が仕事を休みがちになっていたこと。第2に、■■■■■■■■ ■■■■■■■■。第3に、決定的な結果が「踏切」という場所に結び付けられることである。

労働に適応できないことは、どこまで悲惨なことなのだろうか? 失業あるいはそれに近い状態にいながら、謎の資金源を得て生き延びている人は、ツイッターにはいくらでもいる。たとえば、ずっと前から好きでし太郎。(foxnumber6) は、失業者であることを誇りにしながら、労働の害を雄弁に説いている。

もちろん、それが致命的な結果をもたらす場合もある。インターネットのプリンセスと同衾しながら、プリンスは哀れな乞食であることに、彼は耐えられなかったのかもしれない。

女子力が購買力の婉曲表現であり、包容力が経済力の婉曲表現である言語圏に、私たちは暮らしている。だから、女性がセックスの相手を選好するにあたって、対象の雇用状況を考慮することは当然である。しかし、これは本当に妥当だろうか? (論理的には無理があることを承知で、剥き出しの欲求のみを言えば、) すべての女性は、労働に適応できなかった者、失業者と就活落伍者に対して、無制限のセックスを提供すべきである。

死者の霊は存在しない。私たちは踏切を、存在しない死者を記念するイデオロキー的な装置として利用すべきではない。しかしながら、想像上の死者に率いられたレミングの群れは、女性器のように見えるすべてのものを蹂躙しながら、水平線の彼方にあるはずの場所を目指して突進する。

性よりも強力な隠喩であるものは、死である。理性がそれを打ち負かすことはできない。

広告

LGBTPZNはLGBTに対する加害性を自覚すべきか

LGBTPZN Advent Calendar 2016 参加記事。

前項で砂鉄はなんとか片付いた。本稿はあおいんについて考える。

2016年11月23日の砂鉄事件に対するあおいん (aoiiiin) のツイートは以下。RTといいねは12月4日時点、ただしツイート2は12月5日調べ。

  1. そんな運動あるのかと思い調べたらツイッター発の実体のない運動だったうえに架空の社団法人Webサイトが立ち上がっていてゾッとした http://lgbtpzn.org/about.html  (理事に山形福祉大学云々と書いてあるけど実在しないし他の会社も実在しない模様)(11月25日、433 RT、215いいね)
  2. 一見新しいタイプの活動で面白いじゃんって思うかもしれないけど、この砂鉄氏の発言が典型例で、人権活動家への攻撃材料として架空の人権活動が作られてるわけだから非常にたちが悪いと思いました。(11月25日、338 RT、170いいね)
  3. 反応をチラ見したら、このLGBTPZNなる概念も最初は所謂ネタのつもりだったようですね。でもLGBT問題を安易にネタにすることの意味が分からないはずもなかろうし、事後的に揶揄的な文脈を帯びていた以上は加害性に言及せねばとは思ったのですが…思ったより反響があってビックリ。(11月27日、23 RT、10いいね)

あおいんのツイート1が443 RTなのは驚くべきことで、砂鉄がLGBTPZNに言及した3件のツイートのRT数の合計が469であるので、単独のツイートでほとんどそれに匹敵している。後世の歴史家は、2016年11月の事件を砂鉄事件と呼ぶべきか、それともあおいん事件と呼ぶべきか、頭を悩ませるだろう。あおいんのツイート1が443 RTされたことで、LGBTPZNアンチの話題の中心が「架空の社団法人」になったという影響もある。

ツイート3、「LGBT問題を安易にネタにすることの意味が分からないはずもなかろう」とは言うが、ネタにするだけで危険になる言葉など存在するだろうか? 「LGBT」という言葉を唱えるだけで危険になるならば、「LGBTPZN」という代替の語が必要なことを示す最大の証左になる。さらに言えば、言及することと「ネタにする」ことは区分可能だろうか? 周囲の反応を恐れて、いつもへらへら笑いを浮かべながらでなければ言葉を発することができない人が、何か言葉を発するならば、それは「安易にネタにする」ことと区分できない。

一般社団法人LGBTPZN協会設立準備会は「架空の社団法人」だろうか? 設立準備会を自称し、わが国において歴史的に同性愛のシンボルであった「菊」をシンボルマークとしているウェブサイトが。あおいんとLGBTPZNアンチたちは、「山形福祉大学」と、他の株式会社および社会福祉法人が実在しないことを問題にした。しかしながら、あなたがたの権威と信用は、一般社団法人、株式会社、大学、社会福祉法人を源泉にしているのだろうか? それこそ、LGBTが権威であり特権階級であることを、自ら認めることになる。

一般社団法人LGBTPZN協会設立準備会のウェブサイトは、11月27日、フィデル・カストロの肖像を掲げて、降参の意を示した。LGBTに対する「加害性」と、鼻歌交じりに向きあった結果である。

では、LGBTは、その言葉を口にする者によって、権威と信用のために利用されたことはないだろうか? それは、おそらく、LGBTの当事者が最も望んでいなかったことである。

LGBTPZNは砂鉄を包摂すべきか

LGBTPZN Advent Calendar 2016 参加記事。

前稿では、「LGBTPZN革命」と「砂鉄事件」という用語を提案し、LGBTPZN革命 (2016年9月26日) から砂鉄事件 (同年11月23日) にいたる経緯を説明した。さらに、砂鉄事件の背景を理解するため、砂鉄のツイッターアカウントの性質を検討した。

本稿では、砂鉄がLGBTPZNに言及したツイートを精査し、それらの発言をLGBTPZNの運動に組み入れるべきか検討する。

まず、読者の便宜のため、砂鉄がLGBTPZNについて言及した3件のツイートを引用する。RTといいねは12月1日時点の値である。以下、これらのツイートは、番号順に「ツイート1」「ツイート2」のように参照する。

  1. LGBTPZN、ポリコレごっこしてた連中に本物の政治的中立性を叩きつけてる感あって非常に面白いな。ちなみにレズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ペドフィリア・ズーフィリア・ネクロフィリアの略で、これらは多様な性嗜好全てを象徴する物で他の性嗜好も内包すると表明している (11月23日、175 RT、167いいね)

  2. LGBTみたいな一部の性癖だけを特権階級化する差別的な運動より、LGBTPZNの方が余程政治的に中立性高いし、LGBTが偽物でLGBTPZNが本物っていう判断で正しいんじゃないの。何で差別的な集団が本物面してんだよ引っ込んでろ (11月28日、81 RT、96いいね)

  3. 俺はLGBTPZNの「他人の性癖に干渉するな」という運動なら支援するがLGBTの掲げる「私たちの性癖は許されるべきだが、ある性癖は許されるべきではない」という主張については全く賛同しないし積極的に破壊すべきだと思っている。これは典型的な社会差別の発想であり許されるべきではない (11月28日、213 RT、238いいね)

本稿では、特に、砂鉄のツイートがLGBTに対する攻撃をどの程度まで意図していたかを中心に検討していきたい。

ツイート1では「ポリコレごっこしてた連中」という、やや攻撃的な表現が用いられている。11月23日の時点では、「連中」がLGBTを指すのかどうか定かでない。とはいえ、11月28日のツイートではLGBTを名指ししているし、23日の時点でこのツイートに反応した人たちも、ツイート1がLGBTに対する攻撃であるという認識は共有していた。なお、ツイート1の第2文 (「ちなみにレズ」以降) は、LGBTPZN.orgの見解をほとんど正確に踏襲している。

ツイート1の「ポリコレごっこ」と「本物の政治的中立性」が対句である、すなわち、「ポリコレ」と「政治的中立性」がシノニムであり、「ごっこ」と「本物」が反対語である、という解釈は可能だろうか? 「ポリコレ」と「政治的中立性」は異なる語ではあるが、砂鉄自身は両者の区別を意図していないように思われる。だとすれば、「ポリコレごっこ」は「偽物の政治的中立性」に置き換えられる。「連中」は砂鉄のスタイルからすれば単なる三人称複数の代名詞とみてよいだろう。では、LGBTが「偽物の政治的中立性」であるという言明は、LGBTに対する攻撃だろうか、それとも真面目な異議申し立てだろうか?

ここで、「ポリコレ」という語について、予備的な検討を必要とする。英語圏にはpolitical correctnessというフレーズがあり、これを機械的に日本語にしたものが「政治的な正しさ」である。この訳は、あくまで逐語訳であるから、political correctnessという英語の意味を適切に反映しているとはいいがたい。それとは別に、「ポリコレ」というネットスラングがあり、これはほとんど「言葉狩り」のシノニムである。「言葉狩り」とは、差別用語をそうでない語に機械的に置き換えることに熱中し、差別の本質的な解決に結びつかないことを揶揄する言葉である。さらに、「ポリコレ」という語は、実感を伴わない人権概念、くらいの漠然とした意味で使われることもある。

残念ながら、語には意味のほかにコノテーションが存在する。しかも、両者の区分はしばしば曖昧である。例えば、「漆黒の」と「どす黒い」のコノテーションは異なる (両者は別の色だろうか、それとも、物理現象としては同じ色であるものに、別のコノテーションを付加しているのだろうか?) し、「パチンコ」と「遊技機」と「朝鮮玉入れ」はコノテーションが異なる。(ここで例に挙げるとかえって混乱するかもしれないが、「ブラック」と「ニガー」のコノテーションは異なるし、「ゲイ」と「ホモ」のコノテーションも異なる。)

砂鉄のツイート1に戻ると、「ポリコレごっこ」は悪いコノテーションのかたまりであり、LGBTに対して糞を投げつける蛮行であると言わざるを得ない。一方で、LGBTが「偽物」であるという指摘は、真面目な異議申し立てである。もしそうでなければ、なぜLGBTPZNという新たな語を創作する必要があるだろうか。

ツイート2の冒頭、「一部の性癖だけを特権階級化する」というのは不思議なレトリックである。なぜなら、「一部の性癖」を擬人化したうえで、それが「特権階級化」していると言っているのであって、擬人化された「性癖」は人ではなく概念なのだから、倫理的な非難の対象にはならないからである。

とはいえ、直後に「差別的な運動」、第2文では「差別的な集団」という表現を用いており、LGBTの当事者および支援者が「差別的」であるという主張を行っている。これは、意味としてもコノテーションとしても、明らかにLGBTを攻撃している。

ツイート3では、コノテーションによる攻撃は後退し、ロジックによる攻撃でLGBTを追い詰めている。LGBTの主張を「私たちの性癖は許されるべきだが、ある性癖は許されるべきではない」と要約したうえで、「積極的に破壊すべき」と自説を明らかにしている。

ここで、砂鉄による「性癖」という語の使用についても検討したい。LGBTの支持者は、おそらく、この語の使用を嫌がるだろう。LGBTの支持者はしばしば「性的指向」と「性的嗜好」の区別を主張する。(とはいえ、本来これは日本語の同音異義語を利用した洒落だった疑いがある。) 「性癖」は「性的嗜好」をさらに通俗的にしたような語であり、「指向」と「嗜好」の区別を肯定する立場からは、非常に反感を買うであろう。

LGBTPZN.orgでは、これらに対応する用語として「多様な性」を用いている。「多様な性」は複数形であるので、それらを構成する個々のものについて言及するときは、単に「性」となる。ここまで開き直ると、ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダーが「性」であることと、ペドフィリア・ズーフィリア・ネクロフィリアが「性」であることは、どちらも言語的な不自然さは変わらない。LGBTPZNという語を導入するとともに、「性」という語の意味も作りかえられていると言える。

最後に、LGBTが「私たちの性癖は許されるべきだが、ある性癖は許されるべきではない」という主張を掲げているという砂鉄の主張は、事実であろうか? LGBTという語を使っているとしても、この4種類に含まれない性を積極的に排除しているとは限らない。LGBTという語を、4種類の性のアクロニムではなく、多様な性を包括する語として解釈することもある。(これは、LGBTPZN.orgにおけるLGBTPZNの解釈と正確に一致する。) また、LGBTが4種類の性だけを救済するとしても、他の性に対しては中立であって、積極的に攻撃はしていないということもあり得る。

インターネットの論客というレベルでは、「性的指向」と「性的嗜好」の区別を自明なものとしたうえで、LGBTを称揚し、ペドフィリアを犯罪者とみなす主張も、しばしば見受けられる。しかし、LGBTを「運動」あるいは「集団」とみたときに、このレベルの意見をもって代表させるべきではない。エスブリッシュメントなLGBTの運動は、ペドフィリアやその他の性的マイノリティーを自分たちの運動からは注意深く遠ざけつつも、積極的に攻撃する意思はないようである。

では、本稿の表題である問いに戻ろう。LGBTPZNは砂鉄を包摂すべきか? まず、攻撃的なコノテーションを駆使するスタイルについては、砂鉄の言語能力とメンタリティに支えられた、ある種の才能である。私たちは、これを模倣すべきではないし、非難すべきでもない。私が、衒学的な方法で長文のブログを書くように、それぞれの者が自らのスタイルを選択すべきである。

次に、LGBTの運動ないし集団が、差別的であるという主張を受け入れるべきだろうか。これは、先ほど指摘したように、インターネットの論客のうちには真である者もいるが、そのような者をLGBTの運動ないし集団の代表例とみなすべきでない、というのが私の見解である。

一橋大学のアウティング事件に象徴されるように、わが国でLGBT当事者であることは、いまだ命にかかわる危険がある。また、博報堂グループが「エグゼクティブ・ゲイ」についてのレポートを販売したように、LGBTの存在が金銭的な動機で利用されることもある。 (ただし、この件を批判的に報じているのはBUZZAPのみであるため、注意が必要である。) LGBTの運動は、「特権階級」に安住している余裕などない。LGBTが4種類の性のみから成るアクロニムを用いていることは批判すべきだが、LGBTが特権階級であり差別主義者であるという主張は、受け入れるべきではない。

砂鉄はどのようなアカウントか

LGBTPZN Advent Calendar 2016 参加記事。

2016年9月26日、LGBTPZNという用語がツイッターで大量に言及された。私はこの日をLGBTPZNの革命記念日と呼んでいる。その後、LGBTPZNは静かに浸透していったが、同年11月23日、再びLGBTPZNが注目される事件が起きた。それは、砂鉄 (satetu4401) がツイッターでLGBTPZNに言及したことで、多くの人がLGBTPZNを知ることになったことである。私はこれを「砂鉄事件」と呼ぶことを提案する。ここでいう「事件」とは、たとえばソーカル事件のような、スキャンダラスな議論あるいは異議申し立てという意味合いである。

11月23日の砂鉄事件におけるツイッターでのLGBTPZNの言及数は、9月26日の「革命」と比べるとずいぶん小さい。それでも砂鉄事件を重視するのは、以下のような理由がある。第1に、良く言えば平穏、悪く言えば停滞していたLGBTPZNが再び活発になったこと。第2に、ほとんど賛同者によってのみ言及されていたLGBTPZNが、反対者にも広く知られるようになり、激しい反発と議論を呼んだことである。

砂鉄がLGBTPZNに言及したツイートは、以下の3件である。ただし、RTといいねは記事執筆時 (2016年12月1日) の数値である。

  1. LGBTPZN、ポリコレごっこしてた連中に本物の政治的中立性を叩きつけてる感あって非常に面白いな。ちなみにレズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ペドフィリア・ズーフィリア・ネクロフィリアの略で、これらは多様な性嗜好全てを象徴する物で他の性嗜好も内包すると表明している (11月23日、175 RT、167いいね)
  2. LGBTみたいな一部の性癖だけを特権階級化する差別的な運動より、LGBTPZNの方が余程政治的に中立性高いし、LGBTが偽物でLGBTPZNが本物っていう判断で正しいんじゃないの。何で差別的な集団が本物面してんだよ引っ込んでろ (11月28日、81 RT、96いいね)
  3. 俺はLGBTPZNの「他人の性癖に干渉するな」という運動なら支援するがLGBTの掲げる「私たちの性癖は許されるべきだが、ある性癖は許されるべきではない」という主張については全く賛同しないし積極的に破壊すべきだと思っている。これは典型的な社会差別の発想であり許されるべきではない (11月28日、213 RT、238いいね)

これらの発言を読み解く前に、まずは砂鉄というツイッターアカウントがどのような性質を持つものか見ていきたい。

11月23日の1日間で、砂鉄のツイートは39件である。LGBTPZNに言及したのはこのうちの1件。この時点では、砂鉄がLGBTPZNに言及するのは、この1件のツイートで終わると予想した人が多いのではないか。少なくとも私はそう思った。しかし、11月28日に第2波として2件のツイートがあり、それを最後にLGBTPZNへの言及は止んだ。

LGBTPZNに言及していないときの砂鉄は何をしているのだろう? まず、ゲームについての言及が3割ほど。これは、いたって平穏な内容だ。そして、過半数のツイートは、議論のあるテーマに対する論評にあてられている。

11月28日の砂鉄のツイートのうち、2件のツイートを引用する。

  1. そもそも、政治家なんてもんは「カッコ良くて国民に人気があったら後は余計な事しなけりゃ一流」なんだよ。政策とか別にどうでもいい。何故か分かるか? 人間ってのは嫌いな上司の下じゃ100%の力が出ない。国民全体が2割も3割もやる気無くしてる状態で、どんな政策打とうが無意味なんだよ
  2. 逆にすげーカッコよくて、国民が思ってる事をバンバン言ってくれて、ただ椅子に座って何もしなけりゃ「国は良くなる」んだよ。国を実際に動かしているのは国民であって政治家じゃない (引用者により後略)

これらのツイートは、ある意味では砂鉄自身の像が反映されているようにも思われる。すなわち、議論のあるテーマに対して、独自の見解で切り込み、扇情的な口調で断言するという、ある種のポピュリスト政治家に似たスタイルである。

そして、もっとも特徴的なことは、砂鉄が言及するそれぞれのテーマに対して、独自の視点ないし解決策を、そのつど考えているように見えることである。対照的に、平均的なインターネットの論客は、まず自分の中で核となる主張を持っていて、それをそれぞれのテーマないしトピックに適用しているのがほとんどである。

比較のために、高木浩光 (HiromitsuTakagi) のツイッターアカウントを見てみよう。なお、TakagiHiromitsuも同一人物のアカウントである。前者は個人、後者は職業上の立場からなされるツイートであるようだ。高木浩光にとって、それらの立場は明確に分けられるものではないが。

高木浩光のツイッターでのスタイルは、砂鉄と似たものがある。その口調は激しく、反対者に対する攻撃は熾烈をきわめる。武雄図書館問題に端を発する、樋渡啓祐武雄市長 (当時) とカルチュア・コンビニエンス・クラブに対する苛烈な攻撃は、いまも折に触れて進行している。

高木浩光が追及するテーマは、一貫して、コンピューター化された社会におけるプライバシーである。過去にはプライバシーではなくセキュリティを問題にしたこともあるが、徐々にプライバシーの話題が増えていき、現在ではほとんどすべてを占めている。武雄図書館問題も、高木浩光が噛み付いた当初の動機は、図書館の利用者カードとTポイントカードを統合することにより、図書の貸出履歴がカルチュア・コンビニエンス・クラブに流出する懸念があったためである。図書館の貸出履歴は、利用者の知識や関心に直結する情報であり、もし貸出業務に必要な範囲を超えて流出すれば、利用者のプライバシー権、ひいては思想・信条の自由が侵されるであろう。(Tポイントカードはカルチュア・コンビニエンス・クラブ社が運用している。)

砂鉄が特定のテーマないしトピックに執着せず、それぞれのテーマに対して一見ばらばらに見える主張をしていることは、私には奇異に感じられる。

では、砂鉄によるLGBTPZNへの言及は、どのように解釈すべきだろうか? (明日に続くかもしれない。)

追記

LGBTPZNアドベントカレンダーで女性器に擬態している植物さんが「🐸は主張が一貫性を欠くという点でTwitter論客の中では特異的だ」みたいなことを書いてたけど、僕にはテクノロジーによってこれまで評価されてきた努力や方法論が無効になる。みたいな話を延々やっているように見える https://twitter.com/shikousei/status/839722167285637120

翻訳バリデーター終了のお知らせ

翻訳バリデーター、すなわち、翻訳の質の良し悪しを判断するソフトウェアを作っていたのだが、別のプロダクトに専念するため、翻訳バリデーターの開発を放棄することにした。これまでに、入力データの整形までが完了している。開発を継続していれば、文字 n グラムという、古典的かつ容易に実装できる言語モデルを用いて、最尤推定法で翻訳の質を判断する予定であった。

翻訳バリデーターは死んだ。また会う日まで。

先行研究をサーベイした

自称有識者()が例の副作用100%予測にがんばって答える (削除済み)

マハラノビス距離を使ってKintoneの監査ログからいつもと異なる挙動のログを抽出する

前者はビッグデータ、後者は統計的手法と言っていて、機械学習とは言っていないので、翻訳バリデーターには新規性がある。

翻訳バリデーターのデータセット

翻訳バリデーター、すなわち、翻訳の質の良し悪しを判断するソフトウェアを作り始めた。このプロジェクトの方針として、できるだけ手間をかけずに機械学習らしく見えることをする、という決定をした。そのため、データセットは、既存のデータを拾ってきて、最小限の加工だけして使う。権利関係は深く気にしないことにした。

学習用データは、SICP (Structure and Interpretation of Computer Programs) の 2 種類の日本語訳を用いる。2 種類の日本語訳とは、minghai 訳hiroshi-manabe 訳 である。これらの日本語訳は、原文が同一であり、大局的な構造も同じであるため、翻訳の良し悪しのみを学習することに適している。実際にそう信じているわけではないが、今回のプロジェクトのための仮定として、前者を「悪い」訳、後者を「良い」訳として機械学習に用いる。もしこの仮定を置かなければ、翻訳の良し悪しを人間が判断する必要が生じる。

学習用データは jsicp.tex を用いる。このファイルは、各行の長さがなるべく均等になるように、なおかつ、文節で区切られるように作成されている。この性質は、後段の処理で行ごとに処理することに適している。ただし、サンプルコードなどを除くため、マルチバイト文字の割合が少なすぎる行は機械的に除いた。また、便宜上、空行を除いた。

評価用データは Modeling in Event-B の日本語訳 を用いる。この翻訳は株式会社の名義で出されているので、致命的な誤訳は除かれていると思われる。この条件下で、誤訳 (の可能性のある字句) を発見することが、今回のプロジェクトのチャレンジとなる。

評価用データは PDF 形式であるため、ある程度の加工が必要になる。まず、コピー・アンド・ペーストでテキストファイルを作成する。ここで、紙面端の折り返しに改行が挿入され、文節や単語が分断されるので、そのような改行を除去する。そのために、行のバイト数 (エンコードは UTF-8 とする) が一定範囲 (今回は 132 から 156) のときは、紙面端の折り返しとみなし、改行を除去する。そのかわり、句点 (日本語の文の終わり) のところに改行を挿入する。また、評価用データでも、学習用データと同様に、マルチバイト文字の割合が少なすぎる行は機械的に除いた。このとき、非 ASCII な記号を多く含む論理式は除去できないことがあるので、このような行は手動で除いた。