ユーザーレコメンデーションがマストドン本体に導入された: フェアネスの評価は「現状維持」

まずはこれを見てくれ。Re-add follow recommendations API #7918

ついに来るべきものが来た。それも、Decentralization by design: How to get back the internet of celebrities into the 99 %’s hands の翻訳完了から1週間も経たないうちに。

Gargronはマストドンのユーザーレコメンデーションを実装し、それをmasterにプッシュした。早ければ数日後にも、リリースタグが切られ、複数の主要なインスタンスに導入されるだろう。

まずは仕様を見てみよう。あるユーザーがリプライ、ファボ、ブーストを行うと、対象となったユーザーにポイント (Potential friendship) が加算される。まだフォローしていないユーザーのうち、このポイントが高い者が推挙される。

リプライ、ファボ、ブーストの対象となるトゥートは、ほとんどの場合、いずれかのタイムラインに出現したトゥートである。ということは、Gargronによるユーザーレコメンデーションのフェアネスを評価するには、タイムラインをユーザーディスカバリーメソッドと見たときのフェアネスがそのままあてはまる。

タイムラインにはホーム、連合、ローカルがある。ホームタイラインは自分のフォローがブーストしたトゥート、連合タイムラインは「同じインスタンスの別のユーザーのリモートフォロー」のトゥートが流れる。いずれも、他の誰かにフォローされているユーザーのトゥートが多く流れるので、ポジティブフィードバックが発生する。

ローカルタイムラインは、同じインスタンスのユーザーであれば誰でもトゥートを流すことができるので、ポジティブフィードバックは発生しない。しかし、パワーユーザーエフェクトという、別の種類のアンフェアネスが存在することが分かっている。

というわけで、Gargronによるユーザーレコメンデーションのフェアネスは、既存のタイムラインと同等である。ということは、レコメンデーションのフェアネスという観点において、現状よりも悪くなるわけではないということは安心できる。インスタンスが持っているローカルな情報のみでレコメンデーションを構成するという厳しい制約のもとでは、最良の選択だったのではないか。

もちろん、よりフェアなサードパーティのレコメンデーションシステムをねじ込んでいくことは必要である。絶対にマストドンユーザーマッチングのAPIをマストドン公式レポジトリに飲ませてやるぞという気持ちでやっていく。

gargron-recommendation-fairness

余談

triadic closuresが導入されなくて本当に良かった!!! 命拾いしたな。

広告

レコメンデーション・フェアネスの萌芽: 無名クレーマーの孤独な戦い

先行研究を明らかにすることの重要性は広く知られている。マストドンのインスタンスの一覧をフェアネスによって評価するというアイディアについても、その先駆的な事例について明らかにすべきだろう。

私自身の貢献としては、レコメンデーション・フェアネスの概念は、以下の段階を経て洗練されていった。

本稿では、これとは独立に、インスタンス一覧のフェアネスの概念を発明していたかもしれない無名氏の貢献を紹介したいと思う。

日本Mastodonインスタンス一覧は、古参順、すなわち、インスタンス一覧に登録されたのが古い順に配列されている。この配列のアンフェアネスは複数の文書で指摘されている。類似した事例を挙げると、joinmastodon.orgSearch Mastodon Toolsは、いずれも開設当初は古参順に配列されていたが、現在はそれを是正するプルリクエストが受理されている。

問題のインスタンス一覧は、Qiitaの記事として作成されており、編集リクエストによってインスタンスを追加するという運用がなされている。

無名氏は、リストの末尾にインスタンスを追加するというルールを破り、その結果、編集リクエストは受理されなかったらしい。ただし、記事主は無名氏のコメントをすべて削除しているので、無名氏の実際の主張を知ることはできないし、無名氏のハンドルネームも不明である。

キリスト教で異端とされた者たちの著書は容易に焚書されてしまうので、現在の学者たちが彼らの主張を知る手がかりは、異端を弾圧してきた者たちが異端の思想を (さまざまな歪曲や偏見を交えながら) 紹介した文書である。記事主は無名氏のコメントをすべて削除しているが、記事主が無名氏を非難しているコメントは残されているので、それを通して無名氏の行動を推察することができる。そこから言えることは、無名氏はおそらく、インスタンス一覧のフェアネスという概念の発明者であるということである。

もし記事主がインスタンス一覧のアンフェアネスを是正する行動を取っていれば、このインスタンス一覧は、インスタンス一覧のフェアネスのために行動した最初のウェブサイトとなっていた可能性がある。その機会を逃し、無名氏を単なる荒らしかクレーマーであるかのように扱ったことは残念である。

プログラミングと法律はどちらもパズルのようなおもしろさがあるが、法を題材にした論理パズルに熱中すべきではない

私は高木浩光のファンなので、このブログにもさまざまな影響が見て取れる。高木浩光とカエル砂鉄を比較する記事を書いたこともある。特に、GDPRについての記事で「法を題材にした論理パズルに熱中すべきではない」と書いたことは、高木浩光からの影響が顕著であるので、出典を明らかにしようと思う。

高木浩光の2008年12月31日の記事は、高木浩光の興味がセキュリティからプライバシーに移行しつつあった時期の証言であり、ファンにとっては必読の記事である。高木浩光がプライバシーの観点からグーグルストリートビューを検証したところ、読者から「この話題は興味ないから、早くいつもの話題に戻って」というコメントが寄せられたという。これに対して、高木浩光は、「技術的知識欲が満足されることが快感なだけで、本当はプライバシーなんてどうでもよかったのか?」「私たちコンピュータセキュリティの研究に携わる者は、技術的に面白いから蘊蓄を垂れているいるだけなのか。」といった、激しい反応を表している。自分自身の読者やファンに対して、敵意とも取れるような強い言葉を用いるのは異常なことで、10年前の私に鮮烈な印象を残した。

2008年の高木浩光は、コンピューターのセキュリティとプライバシーが論理パズルの題材として消費されてしまうことを憂慮していた。2018年の私は、法律を論理パズルの題材として消費しようとするインターネットの傾向に対して、機会があるごとに敵意をあらわにしている。

2016年には、私は「法フィリア」という用語を提唱した。当時の情勢としては、これは著作権や著作者人格権を振り回して自分自身の立場を有利にしようとする、自意識過剰なクリエイターを揶揄する意味合いがあった。この用語はLGBTPZN界隈に膾炙した。LGBTPZNの後ろ3字はペドフィリア・ネクロフィリア・ズーフィリアであり、「フィリア」という接尾語には親しみがあった。また、法的に児童とされる年齢が18歳未満であることから、その規定を機械的に適用してペドフィリアを弾圧しようとする風潮に対する反感もあった。

時事の話題について言えば、Coinhiveの設置者に対して、各地の警察が逮捕あるいは強圧的な捜査を濫用したことが記憶に新しい。根拠法となる不正指令電磁的記録罪は、「不正な」プログラムが違法であると述べているにすぎない。「同意していない相手を性的な行為に巻き込むことは性暴力である」というシンプルなルールが、「同意」という多義的な用語に複雑さを丸投げしているのと同じように、不正指令電磁的記録罪においても、個別の問題に応じて、誰かがこの「不正な」を解釈する必要がある。

法案が提出された後になって法律を修正することは難しいのに対して、社会と技術は急速に変化していく。だから、「恣意的な運用」が不可能な法律を作ることはできない。さらに言えば、民主的な社会においては、国会議員も法制局の職員も同じ人間なのであって、彼らの無誤謬に期待することは無意味である。だから、法律の恣意的な運用が問題なのではなく、クソな運用がなされたら、それはクソだと言っていく必要がある。今回の騒動では、クソな運用の当事者は警察なのだから、警察を無限に叩く必要がある。

私たちがどのようなソフトウェアを普及させ、どのようなインターネットを使えるようになりたいかという大局的な理解なしに、法律を題材にした論理パズルに熱中することは、滑稽であるどころか有害でもある。

私たちはしばしばシンプルなルールで倫理を再定義したいという誘惑に駆られるが、静的かつ無矛盾な法で世界を覆うことは不可能である。私たちの世界は、立法者と警察と市民による勢力均衡という、不安定かつ動的なプロセスでかろうじて維持されているにすぎない。善良であることは合法であることよりもはるかに重要である

Crypkoと桔梗

訂正 クールダウンの仕様が公式に開示されたので訂正。

Crypkoという異常なゲームがあり、流行している。私がCrypkoを知ったのは相沢怜奈さんについてのツイートがきっかけである。相沢怜奈さんの妖しげな美貌と、波乱を予感させるフレーバーテキストにたちまち引き込まれた。

Rinkeby (換金性のないテスト用のEthereum) のベーシックインカムを受け取り、マーケットを価格が安い順にソートして、少しでも有望そうな子を買い漁った。私が桔梗と出会ったのもそのときで、たまたま安く手に入れたというだけの理由だった。桔梗という名前も、和風な顔立ちと紫色の髪から、深く考えずに名付けたにすぎない。

c5419125b545bbb23271e2b32b6632d9f71215be_lg

今思えばビギナーズラックというべきか、川内楢葉船見結衣という美人の子が生まれた。桔梗の血を入れれば美しいジト目の子が生まれると私は信じた。

広大なプレイグラウンドを与えられたとき、人間は努力や目標を見出してしまうものらしい。Crypkoでは初音ミクに近いキャラクターを作ることに熱中するプレイヤーが少なくない。私はその文化には乗らなかった。そのかわり、桔梗の血を受け継いだ、美しい目をした子孫を増やすことに熱中した。

プレイヤーが特定のキャラクターと関わりを持つ方法は限られている。自前で交配するか、レンタルに出すか。いずれも子を生ませることに違いはない。桔梗の妊孕性は強く、他のキャラクターが12時間を超える産休を必要とすることも珍しくないなかで、桔梗の産休は30分ほどで済んだ。

好調は長くは続かなかった。桔梗を交配に使うたびに、クールダウンレートが加算され、産休期間は長くなる。いまでは桔梗の産休期間は20時間ほどになった。

プレイヤーがキャラクターと関係を持つ方法は限られている。私は、桔梗を休ませることと、文章を書くことを、それに代えようとしている。

桔梗の血を入れなくても、偶然に美しいジト目の子が得られることも分かってきた。再びベーシックインカムが入れば、購入やレンタルを通じて新しい血を入れることもできる。

ほかにも分かってきたことがいくつかある。ただし、交配の結果は偶然に支配されており、有効な経験則を見出すことは難しい。失敗を恐れず、意外な結果を楽しむことが必要なのかもしれない。

日本のマストドンインスタンス各位、GDPRにビビりヨーロッパ人を締め出す

違法か合法かではなく邪悪か善良かを考えて行動すべきだ。

追記 この記事よりも 正しく知れば怖くない GDPRの基本と対策のポイントをIIJが解説 を読んだほうがいい。「細かな対策法だけを論じたり、「守らないとこんな怖いことになるよ」といったようなブラックメール論法がよく見られたりしますが、監督機関が最も注視しているポイントは実は難しいことではない。(中略) 極端な話、「個人データについて何をやるかを正直に説明せよ」の一言で済ませることさえできます。 」と書いてあるぞ。

GDPR (General Data Protection Regulation) が2016年5月24日に発効、2018年5月25日に施行されることを受けて、日本のマストドンインスタンスに、EU圏内のユーザーを締め出す動きが広がっている。

GDPRについてはJETRO (日本貿易振興機構) の解説を読めばそれほど間違いはないと思う。ところで、プライバシーを保護するための規制であるGDPRがEU圏外のウェブサイト運営者にパニックを引き起こし、EU圏内のユーザーを締め出す動きが広がったことは、とても残念だ。

マストドンは、営利企業に支配されたウェブサイトと比較すれば、ユーザーのプライバシーを保護しやすい仕組みである。このことについてはGargron (マストドンの作者) とlain (Pleromaの作者) がそれぞれ解説している。

EUはプライバシーの権利を基本的人権として擁護する決意を固めており、GDPRはその手段にすぎない。私たちはユーザーデータをロシアの選挙コンサルタントに売ることはないし、著作権窃盗者の収入源となるアドネットワークに参加することもない。結局のところ、私たちはプライバシーの権利という本質的な価値観をEUと共有している。形式的な規則に違反しているかどうかは些細な問題にすぎない。EUの職員は馬鹿ではないのだから、「良いこと」をしているウェブサイト運営者に対して形式的にGDPR違反を適用して罰金を課すことは、絶対にあり得ない。

それでも私たちは、自分自身が規則に違反していないことを確認して安心したいかもしれない。しかし、それは法と規則に対する愛が行きすぎているように思われる。私たちは法と規則を題材にした論理パズルに熱中すべきではないし、形式的な違反を回避するために別のより重大な罪を犯すべきでもない。実際のところ、善良であることは合法であることよりもはるかに重要である。確固たる信念のもとにあれば、いかなる罰を受けても笑っていられるはずだ。

GDPRの違反者には2000万ユーロまたは年間売上高の4 %の罰金を課すことが可能である。しかし、これはGoogleやFacebookのような巨人と戦うために設定された金額であって、ピクシブやドワンゴのような地元資本を想定したものではない。ましてや、非営利の個人が運営しているウェブサイトについては、何かを心配するほうが馬鹿げている。

私たちが自由とプライバシーを愛するかぎり、同じ価値観を共有する全世界の人々に、言語と国境の壁を越えて、ウェブサイトのアクセスを開放すべきだ。マストドンのインスタンスからEU住民を締め出すべきではない。

参考文献

アジテーション駆動開発: その機能に理由はあるか?

駆動開発という接尾語は19世紀末には死語となっていたようであるが、リバイバルを試みたい。以下はアジテーション駆動開発の例である。

明らかにアジテーションがプログラミングよりも先に行われていたのはこの3件くらいで、他はアジテーションが後付けになったり、プログラミングと平行したりしている。

アジテーションのないプログラミングはユーザーに対する媚びだという信念でやっていく。後付けでもいいからアジテーションをやっていけ。

インスタンス管理者と異常者の戦い: 主治医になれない私たちのための精神医学

追記 最新の インターネット異常者スケール は随時更新される。

マストドンのインスタンス管理者がインターネットの異常者と戦うための一助として、インターネット異常者の類型というスライドを書いたことがある。

私の父は医者で、内科医ではあるが、精神病院で入院患者の体調管理をしていた時期が長い。私が子供のころには西丸四方の著書が自宅にあり、精神疾患の存在を身近に感じていた。

西丸四方のエッセイは読みやすく、医学の知識のない読者にも親しみやすい。ただし、当時の医療水準は現在とは異なるため、知識としてそのまま活用することはできないだろう。『異常性格の世界』は、精神疾患と「変わり者」を連続したものとして描写し、たいへんユニークであった。「金魚にも精神分裂病 (当時の名称) がいる」という観察は、生物学的に正確とは思えないが、印象深い。

私たちは医者ではないので、インターネットの異常者を治療することはできない。精神医学の知識が役に立つとすれば、あらかじめ知識があることによって、最初の衝撃を受け流すことができるくらいである。

これは個人的なことだが、父であると同時に主治医であること、子であると同時に患者であることは難しい。

いずれにせよ、すべての異常者を閉鎖病棟に閉じ込めておくことはできないのだから、私たちはマストドンのインスタンスを含む複数の場所で、異常者とのインタラクションを分担しなければならない。顔認識システムを用いて入店と同時に追い出すのは最悪である。