実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない

絶対の真理を会得したいとか、無知蒙昧な民衆を教化したいといった強烈な情熱があるのでもない限り、私たちにとって問題なのは、何が真実で何が虚偽であるかではない。むしろ、自分の観測範囲にいる隣人たちが、どのような信念を持っており、それがどのように分布しているかが、より差し迫った問題である。

たとえば、ヘゲモニー的なディスクールが力を持っていて、マイノリティはささやかな反抗を試みるか、もしくは自らの信念を偽って生きているような環境は、私たちにとって暮らしやすい場所だろうか? あるいは、さまざまな対立が、2個の信念の体系に集約されており、どちらか一方を選んで味方することができるような環境はどうだろうか? あるいは、さまざまな争点に対して多数の信念が存在して、ある時は争い、またある時は和解しているような環境はどうだろうか?

議会制民主主義においては、ヘゲモニー政党制、二大政党制、小党分立制の、それぞれの利点と欠点が経験的に知られている。余談だが、個人的には、ヨーロッパ風の小党分立制が優れているように思える。

ところで、「すべての人がそれぞれの正しさを自由に表明できる社会が望ましい」あるいは「すべての信念は同様に正しい」という主張は、あまりにもシンプルな原理に、過大な期待を負わせているように思える。すなわち、私がかつて「フラットデザイン化された神」と軽蔑的に命名した、インターネットの論客にありがちな構造に陥っているのではないか。

多様な信念が共存する環境が可能であるとすれば、それは、すべての表現が自由であるとか、すべての信念が同様に尊重されるといった、古典的な自由主義では不可能である。なぜならば、優勢なディスクールに属している者は、行動も発言もますます大胆になっていくのに対して、そうでない者たちは、少しずつではあるが確実に、発言のたびに負担が大きくなり、自らの信念を隠したり、周囲に迎合したりすることの必要性が増大していくからである。

私たちにとって、すべての信念が同様に尊重されるユートピアを夢見ることはもはや不可能である。むしろ、私たちは、ヘゲモニー的なディスクールに圧迫されつつある劣勢な信念に、積極的に加担する必要がある。すなわち、天上界において自由や平等を夢想することをやめて、地上の戦いにおいて、特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない。

そして、私たちは、理性的で、美しく、高潔に見える人々の主張に反対し、暴力的で、偏狭で、醜悪に見える人々の主張を採らなければならない。なぜなら、科学、統計、調査報道といったリソースは、ヘゲモニーを獲得した人々によって、より大規模かつ効率的に動員され得るからである。そうでない人々の武器は、オカルト、アジテーション、ゴシップである。それゆえに、冷静であること、礼儀正しいこと、理性的であることは、ヘゲモニーを内面化した者たちのしるしであり、私たちはそれに幻惑されることを避けなければならない。

一例として、古典的な疑似科学である「水からの伝言」問題を考えてみよう。これは、特定の教師らによる団体が推奨し、複数の小学校で道徳の授業に使われたことから、問題が拡大した。ここで、ちょっとした思考実験がある。科学の信奉者たちは、もし科学的な手法によって厳格にコントロールされた実験系において、「水からの伝言」が主張する通りの実験結果が得られたら、この事実を道徳の授業に利用することを歓迎するだろうか?

これまでの筆致からお分かりいただけると思うが、「水からの伝言」が科学的な事実であったとしても、それを道徳の授業に使うべきでないという結論は何ら後退させるべきではない、というのが私の主張である。子供たちに「きれいな言葉」と「きたない言葉」の区別を強いることは、生活のためにある程度は必要な知識であるとはいえ、民衆から反抗のための語彙を奪うことにほかならないからである。

ここでは一例しか挙げていないが、邪悪な疑似科学とされているもののほとんどは、疑似科学であるがゆえに邪悪なのではなく、まったく別の理由、抽象的に言えば人々の生活とのかかわりにおいて邪悪であるがゆえに、滅ぼされる必要があるものばかりである。疑似科学との戦いに、科学者たちの知識はほとんど必要にならない。そればかりか、疑似科学の信奉者たちの主張が、もし科学的に真実であるったとしても、私たちはなお、その主張に反対し続ける必要がある。

念のために逆方向の例も挙げておくと、子宮頸癌ワクチンに反対する運動や、2011年の原発事故によって子供たちの甲状腺癌が増加したと主張する運動は、科学的には誤りであるかもしれないが、民衆の深い心理から出たものである。もし敵が私たちにマシンガンの銃口を向けるならば、私たちはパチンコか投石のような手段で、即席の反抗を試みることができる。だとすれば、敵対者たちが科学を武器として征服を開始したとき、私たちにできることは、即席の魔術によってこれに対抗することである。実際に、オカルトは、科学に対して抵抗を試みる者のための、即席の魔術にほかならない。それは、科学を信奉する者からは疑似科学と呼ばれるかもしれないが、実際には、科学の偽物を作り上げることには、それ相応の意味があると考えるべきだろう。

残念ながら、前述の「特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない」という主張を、私は実践できているとは言いがたい。ある意味では罪滅ぼしとして、Consumer Generated Mediaの分野で、レコメンデーション・フェアネスという概念の普及に尽力してきた。レコメンデーション・フェアネスとは、特定のユーザーにプレゼンスが集中すること (Internet of Celebrities) に反対し、無名の人々を積極的に推挙すべきだという主張である。あるレコメンデーション・エンジンが、すでに多くのフォロワーを獲得しているユーザーをさらにレコメンドするならば、そのレコメンデーション・エンジンは「アンフェア」である。そして、レコメンデーション・エンジンが「ニュートラル」であるとは、あらゆるユーザーを平等に扱うこと、例えば、単にランダムなユーザーを表示するとか、あるいは、あるユーザーに似たユーザーを推挙するなどである。最後に、レコメンデーション・エンジンが「フェア」であるとは、無名のユーザーを積極的に推挙すること、例えば、新しく登録したばかりのユーザーを表示するとか、フォロワー数が少ないユーザーを優先して表示するなどである。

「すべての人がそれぞれの正しさを自由に表明できる社会が望ましい」あるいは「すべての信念は同様に正しい」という主張は、レコメンデーション・フェアネスとのアナロジーで言えば、「ニュートラル」の段階にとどまる。そうではなく、「フェア」であることを目指そうとするならば、地上の戦いにおいて、特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない。

すべての信念が平等に正しいという境地を「波」にたとえるのは、荘子のいう「気」のイメージを思い起こさせる。書物としての「荘子」は内篇、外篇、雑篇に分けられている。雑篇は荘子の思想であるかどうか怪しいものが押し込められているので、ここでは内篇と外篇について考える。内篇では、詩的で高邁な無為の思想が説かれるのに対して、外篇では、儒家をはじめとする対立する党派への、激しい論難が行われている。私は、このいずれも、真実の荘子を写している文章であると思う。

私がこれまで書いてきた文章にも、詩的で自己完結的なものと、攻撃的で党派的なものがあるようである。しかも、ひとつのトピックについて、前者と後者がこの順に連続して書かれた例が複数ある。このブログでは、LGBTPZNは遊戯的であるべきだが、遊戯ではないLGBTPZNは攻撃的であるべきだ、ただし遊戯的である場合に限って事実は啓蒙よりも暴力として作用する、少なくともインターネットにおいてはそれはそれとして俺はお前を殺すドヤ街と観覧車電飾に彩られたアベノミクス、小説では、はだしのフクシマカミカゼ神社ハイスクールがそうである。後者を前者に対する蛇足と解することも可能だが、私としては、どちらも意味のある文章であったと考えている。

小説では、文学的な構成の美しさを優先すると、どうしても、詩的で自己完結的なものになりがちである。例えばブログであればその制約は緩和されるけれども、結局のところ、非暴力の言論を闘争の手段とする限りは、その射程にはおのずと限界がある。

広告

99 %の著作権厨と1 %のエリート: 日本語圏のインターネットにおける法と正義

慶応義塾大学の田中辰夫教授が「著作権厨」という用語を提唱した。田中によれば、「議論を阻む一番の障害が、著作権に非常にうるさく、現行の著作権法を絶対だとまきちらす『著作権厨』だ」とのことであり、「『著作権厨』という言葉を広め、その影響力を下げること」を目指しているという。

私はかつて「法フィリア」という用語を提唱した。この用語も、念頭に置いているのは著作権法であったため、「著作権厨」と意味はほとんど同じである。わかりやすさで言えば、著作権厨のほうが優れているだろう。

では、著作権厨または法フィリアとは、実際にはどのような人たちなのだろうか? 日本語圏のマストドンの鯖缶界隈を例に見てみよう。

日本語圏のマストドンの鯖缶界隈も、メンタリティは著作権厨に近い。GDPR、刑法175条、著作権法といったこまごまとした法や規則に、常におびえている。自分たちのインスタンスが違法にならないことに神経を注ぐ一方で、分散SNSやインターネットがどうあるべきかを考えている者は少ない。THE_BOSSが刑法175条との戦いを通してリベラルな意見を表明していたことが、稀有な例外であろう。

マストドンの鯖缶が務まるくらいなのだから、技術も知性も、インターネットの平均的なユーザーよりはだいぶ上なはずである。この例からすると、著作権厨の何が問題なのか理解できるのは、ごく少数のエリートだけだろう。慶応大学の田中教授に代表されるような1 %のエリートたちが、インターネットの著作権厨を発見するのに2019年までかかってしまったのは、遅きに逸した感がある。

あるいは、インターネットのユーザーの大半は、そもそも著作権という概念を理解していないのだろうか? 漫画村が注目されてからというもの、出版社たちが無知な民衆を「啓蒙」することで、大量の著作権厨を作り出そうと奮闘しているのは、皮肉な成り行きである。

制度的苦痛と根源的苦痛

異齢愛が異常とされない社会では、異齢セックスが行われても児は苦痛ではないし、性嫌悪者にもならないという仮説を持っている。ただし、この仮説には穴があって、家父長制なり男尊女卑が社会的規範である環境において、女性たちが苦痛を感じなかったかというと、そんなわけはないだろうというのがある。

いずれにせよ、制度的な苦痛と根源的な苦痛という概念を得たことは、広範な応用が期待できる。例えば、インターネットには、キリスト教が主流でない社会においてキリスト教の家庭に生まれたというだけで、親を一生恨んでる人もいる。これを制度的な苦痛と表現することで、本人の苦痛は真正のものであることに留意しつつ、キリスト教の側だけに責任があるわけではないことを含意することができる。

あるいは、インターネットにおける政治的な発言の99 %は、制度的な苦痛の表明である、というアフォリズムも可能である。このブログでは、かつて同じことをマジョリベーションという用語で説明したが、「制度的な苦痛」という用語であれば、より穏当に表現することができるだろう。

ところで、根源的苦痛と制度的苦痛を区別することは可能だろうか? 実際のところ、根源的苦痛は存在せず、あらゆる苦痛は制度的苦痛であるかもしれない。ただし、あまりに普遍的であるために変革することを想像することが難しい制度と、当座の権力者によって人工的に維持されている制度を区別することは可能である。私たちが従属している制度と、その制度によってもたらされる (あるいは、その制度の周縁における軋轢から生じる) 苦痛が、どの程度まで普遍的であるかは、制度の内側にいる者であっても、判断することが可能だろう。

感情と個人的心情がかつてなく軽蔑される日本語圏のインターネット、ついにそれを学問にする人も現れる

オックスフォード辞典の定義によれば、ポストトゥルースとは、客観的な事実よりも感情と個人的信条に訴えかけるほうが世論への影響が大きい状況を言う。

ポストトゥルースを災厄とみなし、事実の復権を祈ることは、あまりに一面的な見方である。感情と個人的信条は、どちらも私たちにとって必要なものだからである。

英語圏のインターネットにおけるポストトゥルースは、トランプ大統領とBrexitを誕生させた。では、日本ではどうであろうか?

私の見るところ、日本語圏のインターネットでは、かつてなく感情と個人的心情が軽蔑されている。古典的には、政治的な左派とエコロジストが軽蔑の対象であった。近年は「親をネトウヨにされた」というミームに見られるように、右派も軽蔑の対象として定着している。

榊剛史と鳥海不二男による論文 [1] では、イントロダクションの節で、「特定の偏ったコミュニティ」がソーシャルポルノを受容しているという偏見を披露している。この論文の実際の成果は、ソーシャルポルノの観測方法を試行した段階であるので、この記述は時期尚早に思われる。とはいえ、データの収集が進めば、「ソーシャルポルノを受容しているのは特定の偏ったコミュニティである」という、著者たちが望むような解釈を導き出すことは容易であろう。

事実を見出すには、それなりの資金と人員を動員する必要がある。だから、それらを大規模に動員できる者が、長期的には必ず勝つ。内情を知るものからすれば、東京大学が資金と人員を大規模に動員できるとは必ずしも思えないが、それに近いことは可能だろう。

ここで再び、マジョリベーション (majoribation) という用語を紹介したい。これは majority と masturbation の造語であり、「私たちはあいつらみたいなキチガイじゃなくてよかったね」という、エンターテイメントとしての相互確認のことである。学問としてマジョリベーションをやっていく者が現れたことは興味深い。データを収集し事実を解明することを業とする者が、事実の力による啓蒙に従わない者たちの愚かな行動を研究対象とすることは、さぞかし爽快だろう。

参考文献

[1] 榊剛史, 鳥海不二男, ソーシャルポルノ仮説の提案とその観測に向けて,
https://confit.atlas.jp/guide/event-img/jsai2018/2C2-01/public/pdf?type=in

プログラミングと法律はどちらもパズルのようなおもしろさがあるが、法を題材にした論理パズルに熱中すべきではない

私は高木浩光のファンなので、このブログにもさまざまな影響が見て取れる。高木浩光とカエル砂鉄を比較する記事を書いたこともある。特に、GDPRについての記事で「法を題材にした論理パズルに熱中すべきではない」と書いたことは、高木浩光からの影響が顕著であるので、出典を明らかにしようと思う。

高木浩光の2008年12月31日の記事は、高木浩光の興味がセキュリティからプライバシーに移行しつつあった時期の証言であり、ファンにとっては必読の記事である。高木浩光がプライバシーの観点からグーグルストリートビューを検証したところ、読者から「この話題は興味ないから、早くいつもの話題に戻って」というコメントが寄せられたという。これに対して、高木浩光は、「技術的知識欲が満足されることが快感なだけで、本当はプライバシーなんてどうでもよかったのか?」「私たちコンピュータセキュリティの研究に携わる者は、技術的に面白いから蘊蓄を垂れているいるだけなのか。」といった、激しい反応を表している。自分自身の読者やファンに対して、敵意とも取れるような強い言葉を用いるのは異常なことで、10年前の私に鮮烈な印象を残した。

2008年の高木浩光は、コンピューターのセキュリティとプライバシーが論理パズルの題材として消費されてしまうことを憂慮していた。2018年の私は、法律を論理パズルの題材として消費しようとするインターネットの傾向に対して、機会があるごとに敵意をあらわにしている。

2016年には、私は「法フィリア」という用語を提唱した。当時の情勢としては、これは著作権や著作者人格権を振り回して自分自身の立場を有利にしようとする、自意識過剰なクリエイターを揶揄する意味合いがあった。この用語はLGBTPZN界隈に膾炙した。LGBTPZNの後ろ3字はペドフィリア・ネクロフィリア・ズーフィリアであり、「フィリア」という接尾語には親しみがあった。また、法的に児童とされる年齢が18歳未満であることから、その規定を機械的に適用してペドフィリアを弾圧しようとする風潮に対する反感もあった。

時事の話題について言えば、Coinhiveの設置者に対して、各地の警察が逮捕あるいは強圧的な捜査を濫用したことが記憶に新しい。根拠法となる不正指令電磁的記録罪は、「不正な」プログラムが違法であると述べているにすぎない。「同意していない相手を性的な行為に巻き込むことは性暴力である」というシンプルなルールが、「同意」という多義的な用語に複雑さを丸投げしているのと同じように、不正指令電磁的記録罪においても、個別の問題に応じて、誰かがこの「不正な」を解釈する必要がある。

法案が提出された後になって法律を修正することは難しいのに対して、社会と技術は急速に変化していく。だから、「恣意的な運用」が不可能な法律を作ることはできない。さらに言えば、民主的な社会においては、国会議員も法制局の職員も同じ人間なのであって、彼らの無誤謬に期待することは無意味である。だから、法律の恣意的な運用が問題なのではなく、クソな運用がなされたら、それはクソだと言っていく必要がある。今回の騒動では、クソな運用の当事者は警察なのだから、警察を無限に叩く必要がある。

私たちがどのようなソフトウェアを普及させ、どのようなインターネットを使えるようになりたいかという大局的な理解なしに、法律を題材にした論理パズルに熱中することは、滑稽であるどころか有害でもある。

私たちはしばしばシンプルなルールで倫理を再定義したいという誘惑に駆られるが、静的かつ無矛盾な法で世界を覆うことは不可能である。私たちの世界は、立法者と警察と市民による勢力均衡という、不安定かつ動的なプロセスでかろうじて維持されているにすぎない。善良であることは合法であることよりもはるかに重要である

飲食店の感動ポルノ化に悪辣な皮肉

インターネットでは感動ポルノと私刑の結び付きが容易である。

接客従事者の苦労自慢が監視社会の実現に結び付いた古典的な例として、リカオンの顔認識システムが挙げられる。リンク先で挙げられている「迷惑行為」には、迷惑ではあっても犯罪とまでは言えないものや、通常の利用客との線引きが難しいものが多く含まれている。また、実際に迷惑行為がなかったとしても、店員の判断により「迷惑客」の登録が可能である。このことから、客観的には迷惑行為とは言えなくても、たまたま従業員とトラブルになった利用者が「迷惑客」として登録される事態は十分に予想できる。

特に、飲食店の苦労自慢はインターネットで感動ポルノとして消費されがちである。そのため、ドタキャン防止システムと称する私刑プラットフォームの出現は、自然な発想であった。

漫画村を含む特定3サイトのサイトブロッキングが閣議決定された問題についても、私はかつて「著作権窃盗者との戦いを感動ポルノとして盛り上げていったら、インターネットの検閲が待ち構えていた」と評したことがある。

ところで、架空の飲食店の架空のドタキャンがインターネットで演出されるという事件が発生した。飲食店の苦労自慢が感動ポルノとして消費されがちな近年のインターネットに対する、悪辣な皮肉である。事実は啓蒙よりも暴力として作用する、とはいえ、フェイクニュースによってワールドワイドウェブを汚染することは、あまり褒められたものではない。毒をもって毒を制するとでも言うべきか。

架空の一般社団法人という戦術には親近感がある。5ちゃんねるの「国際信州学院大学」に対して、一般社団法人LGBTPZN協会設立準備会も、「山形福祉大学」という大学名を架空の役員の所属先として記載していた。

この記事は義憤というよりは熱狂的な死の舞踏に属するものなので、特に真面目な提言などはありません。これで終わりです。

それはそれとして俺はお前を殺す

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、それはそうなのだが、暴力が悪いとは一言も言っていない。むしろ積極的にやっていくべき。

インターネットの人類は、ともすれば、攻撃的になることを忌避する意見を吐露しがちである。けれども、それは数が多い陣営に圧倒的に有利なルールである。なぜならば、そちらに属していれば、怒ったり嘆いたりする機会がそもそも少なくて済むからだ。

インターネットでは気に入らないことがあればがんがん叩いたり愚痴ったりすべき。なにしろ、分散SNSでは「死ね」とか「殺す」とか書いても (文脈が本物の脅迫でない限りは) 凍結されないという利点がある。わざわざ「○す」とか「ケア」とか書かなくていい。

私が何が嫌いかというとマジョリベーションの一言に要約できるので、もしお前らがそれに一歩でも足を踏み入れたら、俺はお前を殺す。