実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない

絶対の真理を会得したいとか、無知蒙昧な民衆を教化したいといった強烈な情熱があるのでもない限り、私たちにとって問題なのは、何が真実で何が虚偽であるかではない。むしろ、自分の観測範囲にいる隣人たちが、どのような信念を持っており、それがどのように分布しているかが、より差し迫った問題である。

たとえば、ヘゲモニー的なディスクールが力を持っていて、マイノリティはささやかな反抗を試みるか、もしくは自らの信念を偽って生きているような環境は、私たちにとって暮らしやすい場所だろうか? あるいは、さまざまな対立が、2個の信念の体系に集約されており、どちらか一方を選んで味方することができるような環境はどうだろうか? あるいは、さまざまな争点に対して多数の信念が存在して、ある時は争い、またある時は和解しているような環境はどうだろうか?

議会制民主主義においては、ヘゲモニー政党制、二大政党制、小党分立制の、それぞれの利点と欠点が経験的に知られている。余談だが、個人的には、ヨーロッパ風の小党分立制が優れているように思える。

ところで、「すべての人がそれぞれの正しさを自由に表明できる社会が望ましい」あるいは「すべての信念は同様に正しい」という主張は、あまりにもシンプルな原理に、過大な期待を負わせているように思える。すなわち、私がかつて「フラットデザイン化された神」と軽蔑的に命名した、インターネットの論客にありがちな構造に陥っているのではないか。

多様な信念が共存する環境が可能であるとすれば、それは、すべての表現が自由であるとか、すべての信念が同様に尊重されるといった、古典的な自由主義では不可能である。なぜならば、優勢なディスクールに属している者は、行動も発言もますます大胆になっていくのに対して、そうでない者たちは、少しずつではあるが確実に、発言のたびに負担が大きくなり、自らの信念を隠したり、周囲に迎合したりすることの必要性が増大していくからである。

私たちにとって、すべての信念が同様に尊重されるユートピアを夢見ることはもはや不可能である。むしろ、私たちは、ヘゲモニー的なディスクールに圧迫されつつある劣勢な信念に、積極的に加担する必要がある。すなわち、天上界において自由や平等を夢想することをやめて、地上の戦いにおいて、特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない。

そして、私たちは、理性的で、美しく、高潔に見える人々の主張に反対し、暴力的で、偏狭で、醜悪に見える人々の主張を採らなければならない。なぜなら、科学、統計、調査報道といったリソースは、ヘゲモニーを獲得した人々によって、より大規模かつ効率的に動員され得るからである。そうでない人々の武器は、オカルト、アジテーション、ゴシップである。それゆえに、冷静であること、礼儀正しいこと、理性的であることは、ヘゲモニーを内面化した者たちのしるしであり、私たちはそれに幻惑されることを避けなければならない。

一例として、古典的な疑似科学である「水からの伝言」問題を考えてみよう。これは、特定の教師らによる団体が推奨し、複数の小学校で道徳の授業に使われたことから、問題が拡大した。ここで、ちょっとした思考実験がある。科学の信奉者たちは、もし科学的な手法によって厳格にコントロールされた実験系において、「水からの伝言」が主張する通りの実験結果が得られたら、この事実を道徳の授業に利用することを歓迎するだろうか?

これまでの筆致からお分かりいただけると思うが、「水からの伝言」が科学的な事実であったとしても、それを道徳の授業に使うべきでないという結論は何ら後退させるべきではない、というのが私の主張である。子供たちに「きれいな言葉」と「きたない言葉」の区別を強いることは、生活のためにある程度は必要な知識であるとはいえ、民衆から反抗のための語彙を奪うことにほかならないからである。

ここでは一例しか挙げていないが、邪悪な疑似科学とされているもののほとんどは、疑似科学であるがゆえに邪悪なのではなく、まったく別の理由、抽象的に言えば人々の生活とのかかわりにおいて邪悪であるがゆえに、滅ぼされる必要があるものばかりである。疑似科学との戦いに、科学者たちの知識はほとんど必要にならない。そればかりか、疑似科学の信奉者たちの主張が、もし科学的に真実であるったとしても、私たちはなお、その主張に反対し続ける必要がある。

念のために逆方向の例も挙げておくと、子宮頸癌ワクチンに反対する運動や、2011年の原発事故によって子供たちの甲状腺癌が増加したと主張する運動は、科学的には誤りであるかもしれないが、民衆の深い心理から出たものである。もし敵が私たちにマシンガンの銃口を向けるならば、私たちはパチンコか投石のような手段で、即席の反抗を試みることができる。だとすれば、敵対者たちが科学を武器として征服を開始したとき、私たちにできることは、即席の魔術によってこれに対抗することである。実際に、オカルトは、科学に対して抵抗を試みる者のための、即席の魔術にほかならない。それは、科学を信奉する者からは疑似科学と呼ばれるかもしれないが、実際には、科学の偽物を作り上げることには、それ相応の意味があると考えるべきだろう。

残念ながら、前述の「特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない」という主張を、私は実践できているとは言いがたい。ある意味では罪滅ぼしとして、Consumer Generated Mediaの分野で、レコメンデーション・フェアネスという概念の普及に尽力してきた。レコメンデーション・フェアネスとは、特定のユーザーにプレゼンスが集中すること (Internet of Celebrities) に反対し、無名の人々を積極的に推挙すべきだという主張である。あるレコメンデーション・エンジンが、すでに多くのフォロワーを獲得しているユーザーをさらにレコメンドするならば、そのレコメンデーション・エンジンは「アンフェア」である。そして、レコメンデーション・エンジンが「ニュートラル」であるとは、あらゆるユーザーを平等に扱うこと、例えば、単にランダムなユーザーを表示するとか、あるいは、あるユーザーに似たユーザーを推挙するなどである。最後に、レコメンデーション・エンジンが「フェア」であるとは、無名のユーザーを積極的に推挙すること、例えば、新しく登録したばかりのユーザーを表示するとか、フォロワー数が少ないユーザーを優先して表示するなどである。

「すべての人がそれぞれの正しさを自由に表明できる社会が望ましい」あるいは「すべての信念は同様に正しい」という主張は、レコメンデーション・フェアネスとのアナロジーで言えば、「ニュートラル」の段階にとどまる。そうではなく、「フェア」であることを目指そうとするならば、地上の戦いにおいて、特定の党派に所属することを躊躇せず、実弾をもってヘゲモニーを撃たなければならない。

すべての信念が平等に正しいという境地を「波」にたとえるのは、荘子のいう「気」のイメージを思い起こさせる。書物としての「荘子」は内篇、外篇、雑篇に分けられている。雑篇は荘子の思想であるかどうか怪しいものが押し込められているので、ここでは内篇と外篇について考える。内篇では、詩的で高邁な無為の思想が説かれるのに対して、外篇では、儒家をはじめとする対立する党派への、激しい論難が行われている。私は、このいずれも、真実の荘子を写している文章であると思う。

私がこれまで書いてきた文章にも、詩的で自己完結的なものと、攻撃的で党派的なものがあるようである。しかも、ひとつのトピックについて、前者と後者がこの順に連続して書かれた例が複数ある。このブログでは、LGBTPZNは遊戯的であるべきだが、遊戯ではないLGBTPZNは攻撃的であるべきだ、ただし遊戯的である場合に限って事実は啓蒙よりも暴力として作用する、少なくともインターネットにおいてはそれはそれとして俺はお前を殺すドヤ街と観覧車電飾に彩られたアベノミクス、小説では、はだしのフクシマカミカゼ神社ハイスクールがそうである。後者を前者に対する蛇足と解することも可能だが、私としては、どちらも意味のある文章であったと考えている。

小説では、文学的な構成の美しさを優先すると、どうしても、詩的で自己完結的なものになりがちである。例えばブログであればその制約は緩和されるけれども、結局のところ、非暴力の言論を闘争の手段とする限りは、その射程にはおのずと限界がある。

広告

Picrewの著作権トロールとSLAPPは運営者も同罪だ

Picrewの著作権トロールとSLAPPは、「強い女メーカー」だけでなく、Picrewの運営者も同罪である。Picrewの使用を全面的に拒否すべきだ。

Picrewの「強い女メーカー」というデータセットの作者が著作権トロールとSLAPPを行っていることについて、「強い女メーカー」の作者を非難する意見はしばしば聞かれるものの、Picrewの運営者の責任を問う意見はほとんど見られない。

しかしながら、今回の騒動に関しては、Picrewの運営者も完全に同罪である。まず、Picrewの運営者は、著作権トロールとSLAPPに対して、まったく対抗手段を取ろうとしていない。それどころか、商業利用の定義に「アフィリエイトを設置している、サイト、アプリ等でのご利用」を明記することで、「強い女メーカー」の側の主張を積極的に支持している。

私たちは、特定のデータセットのみならず、Picrewそのものに対して、一切の使用を拒否しなければならない。

余談

3.distsn.orgではPicrewの利用を禁止している。もちろん、「強い女メーカー」だけでなく、Picrewのすべてのデータセットの使用が禁止される。

Picrewに著作権トロール出現、すべてが自由なキャラクターなんとか機に帰ろう!

Picrewの「強い女メーカー」というデータセットの作者が、著作権トロールとSLAPPを行っており、問題になっている (増田はてブ)。そこで、代替サービスの著作権の扱いを調査した。結論から言えば、古き良きキャラクターなんとか機はすべてが自由であり、最高。

追記 この記事よりCHARATの開発者による見解を読んだほうがいい。

続編 Picrewの著作権トロールとSLAPPは運営者も同罪だ

キャラクターなんとか機

キャラクターなんとか機のオリジナルウェブ版

同梱素材を利用した画像について
同人、商用、アダルト / 可
著作表示、リンク等 / 不要
改変可、媒体問わず
自由に使っていただいて構いません。

古き良き時代のインターネットを感じさせる自由さだ。絵柄も古い。

なお、以下の画像は、キャラクターなんとか機ウェブ版とwaifu2xで作った大熊双葉さん。ついでに服にコピーレフトシンボルをつけた。

ookuma-hutaba_waifu4x_copyleft

 

CHARAT DRESSUP

CHARAT DRESSUPに限らず、CHARATの名を冠する多数のデータセットがある。著作権の扱いは諸CHARATで共通で、自由といえば自由だし、面倒といえば面倒。

以下の画像はCHARAT DRESSUPで作った葛西くみんさん。

avatar20170720172647

パステルガール

パステルガール。よくわからん。作例は以下。

0928518332

Crypko

Crypko。ベータ版はサービス終了、正式版は来なそうという不安な状況。FAQによると

Crypkoベータ版では、サイトに掲載されている全ての画像の著作権はCrypko開発チームに帰属します。

だそうである。開発者たちの言動から言って、著作権で文句を言ってくることは心配しなくてもよさそう。

以下の画像は、Crypkoで発生した川内楢葉さん。

018e955cfc749d78c5627aae6491a91ab7eba5dd_lg

カスタムキャスト

カスタムキャスト。なぜかTwitterアイコンだけピンポイントで許可されている。2019年2月22日の公式放送では、他のSNSのアイコンも同様だと言っていた。

以下の画像は、カスタムキャストで作った大熊双葉さん。

0569823798

This Waifu Dose Not Exist

This Waifu Dose Not Exist。そもそも自動生成された画像には著作権が適用されないと思う。あと、作者の経歴はかなりアングラ寄りであり、著作権はクソ食らえと思ってそう。

以下の画像は、This Waifu Dose Not Existが生成した無名のWaifuたち。

example-74187

1555108842

 

結論

キャラクターなんとか機を使え。

99 %の著作権厨と1 %のエリート: 日本語圏のインターネットにおける法と正義

慶応義塾大学の田中辰夫教授が「著作権厨」という用語を提唱した。田中によれば、「議論を阻む一番の障害が、著作権に非常にうるさく、現行の著作権法を絶対だとまきちらす『著作権厨』だ」とのことであり、「『著作権厨』という言葉を広め、その影響力を下げること」を目指しているという。

私はかつて「法フィリア」という用語を提唱した。この用語も、念頭に置いているのは著作権法であったため、「著作権厨」と意味はほとんど同じである。わかりやすさで言えば、著作権厨のほうが優れているだろう。

では、著作権厨または法フィリアとは、実際にはどのような人たちなのだろうか? 日本語圏のマストドンの鯖缶界隈を例に見てみよう。

日本語圏のマストドンの鯖缶界隈も、メンタリティは著作権厨に近い。GDPR、刑法175条、著作権法といったこまごまとした法や規則に、常におびえている。自分たちのインスタンスが違法にならないことに神経を注ぐ一方で、分散SNSやインターネットがどうあるべきかを考えている者は少ない。THE_BOSSが刑法175条との戦いを通してリベラルな意見を表明していたことが、稀有な例外であろう。

マストドンの鯖缶が務まるくらいなのだから、技術も知性も、インターネットの平均的なユーザーよりはだいぶ上なはずである。この例からすると、著作権厨の何が問題なのか理解できるのは、ごく少数のエリートだけだろう。慶応大学の田中教授に代表されるような1 %のエリートたちが、インターネットの著作権厨を発見するのに2019年までかかってしまったのは、遅きに逸した感がある。

あるいは、インターネットのユーザーの大半は、そもそも著作権という概念を理解していないのだろうか? 漫画村が注目されてからというもの、出版社たちが無知な民衆を「啓蒙」することで、大量の著作権厨を作り出そうと奮闘しているのは、皮肉な成り行きである。

Profile directoryのフェアネスはいまひとつ: Gargronはスパムとの戦いに向いてない

分散SNS Advent Calendar 2018参加記事。

追記 Good news! フォロワーが多い順の配列は削除された

マストドンにProfile directoryが導入された。これは、あるインスタンスに所属しているユーザーの一覧である。オプトインしたユーザーのみが表示される。この新しいユーザーディスカバリーメソッドに対して、さっそくフェアネスを評価しよう。

Profile directoryの並び順は、最近トゥートした順と、フォロワーが多い順を選択できる。デフォルトは前者である。

最近トゥートした順のフェアネスは、まあ悪くない。このフェアネスはローカルタイムラインとほぼ同等で、オールディーズエフェクトとポジティブフィードバックは発生しないが、パワーユーザーエフェクトがある。

フォロワーが多い順のフェアネスは最悪で、オールディーズエフェクトとポジティブフィードバックが効いてしまう。

さらに悪い知らせがある。このリストに載るためには、フォロワー数が10を超えていることが必要である。しかしながら、新規のユーザーが10人のフォロワーを獲得するには時間がかかる。その前にマストドンを離れていってしまうユーザーも少なくないだろう。

これには悪い前例がある。k52のマストドンインスタンス一覧は、ユーザー数が20人以上のインスタンスしか掲載しないという制限を課した。その結果、ちょうど20個のダミーユーザーを作成したインスタンスも現れている。

なお、dtp-mstdn.jpでは、この制限を緩和し、1名以上のフォロワーがいればProfile directoryに掲載されるようマストドンをカスタマイズしている。

Gargronは、Profile directoryへの掲載をフォロワー数10人以上に限定した理由として、スパム防止を挙げている。しかし、スパマーであれば、10個のダミーユーザーを用意するくらい朝飯前だろう。私はこのことをGargronに@して問い合わせたが、「スパムに対して何も防御しないことはできない」と言って、私の提案を却下した。

これはGargronの悪い癖だ。マストドンはメールアドレスの収集をやめろという話は古くからあるが、Gargronはスパム防止を理由にこれを拒み続けた。果たして、メールアカウントの作成を自動化したスパムが現れ、多くのインスタンスで猛威を振るった。これに対抗するため、マストドン本体では、メールアドレスのドメインブロックの挙動が改良された。また、一部のインスタンスでは、独自機能としてreCAPTCHAを導入している。

スパムを防止するならば、スパマーがすぐに対抗できてしまうような形だけの対策は無意味だ。それどころか、正規のユーザーの正当な利用を、おおいに妨害している。メールアドレスの到達性確認はユーザーにとって煩雑であるし、メールアドレスの収集はプライバシーの問題もある。なかなか10人のフォロワーを集められない新規ユーザーが、Profile directoryに掲載される機会を得られないことも問題だ。

スパムに対抗するために、本質的に意味のある対策はCAPTCHAのみである。MisskeyはreCAPTCHAを導入している。Pleromaは、あまりに弱小勢力であるがゆえに、スパマーに相手にされていないにもかかわらず、2018年12月18日にCAPTCHAを導入した

Change.orgは署名数の表示の嘘演出をやめろ

この記事は声かけ写真展 Advent Calendar 2018の参加記事だが、まずはChange.orgに対する呪詛を書く。

Change.orgの署名数の表示の挙動は奇妙だ。ページをリロードすると、署名数がいくらか巻き戻り、そこから表示がカウントアップされて、本来の値に戻る。つまり、ページがロードされた時点では、本来の署名数よりも少ない値が表示されており、そこから本来の署名数までカウントアップする演出が入っている。これにより、あたかも署名数がリアルタイムで増え続けているかのような錯覚が生まれる。

署名数とかいう超重要な数値に嘘を書くのをやめろ。この愉快な仕様を考えた奴は考えられる限りの愉快な生涯を送ってほしい。

ところで、いまから思いつきで分散SNS Advent Calendar 2018参加記事にするので、マストドンの話を書きます。マストドンも、インスタンスの登録ユーザー数とか、ユーザーのフォロワー数あたりに、この演出を取り入れたらいいと思う。最初はわざと数字を少なく表示して、リアルタイムにユーザー数なりフォロワー数が増えているように見せかければ、ライブ感が出る。

ところで鳥ではフォロワー数とかいいね数を表示するのをやめたいみたいな愚痴があるらしく、これまでさんざんインターネット・オブ・セレブリティを煽っておいて、いまさらなんなんだという感がある。Pleromaには「とうこうのとうけいをかくす (れい: おきにいりのかず)」と「ユーザーのとうけいをかくす (れい: フォロワーのかず)」という最高の設定があるので、そのようにすると良い。

滅びゆくもののデザイン: なぜ最後の一人まで救わなければならないか

Fediverseの日本語圏は、2017年4月の急激な膨張が落ち着いてからは、ゆっくりと衰退に向かっている。日本語圏に限定しなければ、switter.atやbofa.lolのような個性的な新興勢力が勃興したし、2018年5月のブラジルにおけるマストドンブームでは、mstdn.ioをはじめとする複数のインスタンスでユーザーが急増した。とはいえ、bofa.lolはすでに消滅している。

ところで、つくみずの漫画「少女終末旅行」、または、それを原作とするアニメはご覧いただけただろうか? チトによれば「生きてるって、終わりがあるってことなんだ」とのことだが、実際のストーリーはもうすこし複雑である。チトとユーリが魚を助け、建設用自律機械を爆破したように、生きているものたちは「終わり」を意図的に引き伸ばしたり、早めたりしている。

いつかはわからないが、日本語圏のFediverseはこのまま衰退し、終わっていくだろう。あるいは、すべてのConsumer Generated Mediaが終わるかもしれない。

では、終わりの場所からこれまでのできごとを振り返ったとき、思い出したいのは、人間関係の距離感を認識することが苦手だったり、他のメンバーの自尊心を満足させるための努力を怠ったりした者を、鳥に追い返したことだろうか。あるいは、苦しみながらも最後の一人まで収容しようと試行を重ねたことだろうか。

自分たちの大切な場所の秩序を乱そうとするもの、自分たちにとって不快感の原因になるものを必死に追い出したとしても、自分たちの場所、あるいは「自分たち」という集団を、永久に維持し続けることはできない。私たちを追い出す者と追い出される者に分節したとしても、それは早いか遅いかの違いにすぎない。

もう少しテクニカルな話をすると、同じインスタンス、あるいは文化圏の近いインスタンスにいる異常者に対して、インターネットをやめて治療に専念するように求める言説は多く聞かれる。しかし、インターネットの利用を制限することが、メンタルヘルスの回復につながることは稀である。例えば、不眠の症状に対しては、深夜に電子機器の利用を制限することが、改善につながる可能性がある。しかし、他の多くの症状に対しては、インターネットの利用は中立的である。

実際のところ、インターネットをやめて治療に専念するように求める言説は、単に、自分たちにとって都合のいい願望を、異常者に押し付けているにすぎない。健常者が異常者に対して、都合のいい患者像を押し付けることは傲慢であるし、それが自分たちにとって快適な空間を守るためであればなおさらである。

来るべきものが来たとき、私は、「生きるのは最高だったよね」などと笑っていられる自信はない。想像するに、そのとき私は、ただ無言で、デーモンのプロセスを停止するのではないか。