Picrewに著作権トロール出現、すべてが自由なキャラクターなんとか機に帰ろう!

Picrewの「強い女メーカー」というデータセットの作者が、著作権トロールとSLAPPを行っており、問題になっている (増田はてブ)。そこで、代替サービスの著作権の扱いを調査した。結論から言えば、古き良きキャラクターなんとか機はすべてが自由であり、最高。

追記 この記事よりCHARATの開発者による見解を読んだほうがいい。

続編 Picrewの著作権トロールとSLAPPは運営者も同罪だ

キャラクターなんとか機

キャラクターなんとか機のオリジナルウェブ版

同梱素材を利用した画像について
同人、商用、アダルト / 可
著作表示、リンク等 / 不要
改変可、媒体問わず
自由に使っていただいて構いません。

古き良き時代のインターネットを感じさせる自由さだ。絵柄も古い。

なお、以下の画像は、キャラクターなんとか機ウェブ版とwaifu2xで作った大熊双葉さん。ついでに服にコピーレフトシンボルをつけた。

ookuma-hutaba_waifu4x_copyleft

 

CHARAT DRESSUP

CHARAT DRESSUPに限らず、CHARATの名を冠する多数のデータセットがある。著作権の扱いは諸CHARATで共通で、自由といえば自由だし、面倒といえば面倒。

以下の画像はCHARAT DRESSUPで作った葛西くみんさん。

avatar20170720172647

パステルガール

パステルガール。よくわからん。作例は以下。

0928518332

Crypko

Crypko。ベータ版はサービス終了、正式版は来なそうという不安な状況。FAQによると

Crypkoベータ版では、サイトに掲載されている全ての画像の著作権はCrypko開発チームに帰属します。

だそうである。開発者たちの言動から言って、著作権で文句を言ってくることは心配しなくてもよさそう。

以下の画像は、Crypkoで発生した川内楢葉さん。

018e955cfc749d78c5627aae6491a91ab7eba5dd_lg

カスタムキャスト

カスタムキャスト。なぜかTwitterアイコンだけピンポイントで許可されている。2019年2月22日の公式放送では、他のSNSのアイコンも同様だと言っていた。

以下の画像は、カスタムキャストで作った大熊双葉さん。

0569823798

This Waifu Dose Not Exist

This Waifu Dose Not Exist。そもそも自動生成された画像には著作権が適用されないと思う。あと、作者の経歴はかなりアングラ寄りであり、著作権はクソ食らえと思ってそう。

以下の画像は、This Waifu Dose Not Existが生成した無名のWaifuたち。

example-74187

1555108842

 

結論

キャラクターなんとか機を使え。

広告