監視社会のカメラと子供たち

広告

声かけ写真展 Advent Calendar 2018参加記事。

旧態依然とした男性の写真家たちがすっかり意義を失っていることと平行して、声かけ写真展も、現代の子供たちと向き合うことはもはや不可能になっている。そのため、器具田教授らは、ノスタルジーを標榜しつつ、30年前に撮られた写真を展示している。では、子供たちのありのままの姿を写し取るというコンセプトを、現代のテクノロジーを用いて再興することは可能だろうか?

例えば、グーグルストリートビューの画像から、子供たちが写っている場面を抜き出して、その画像を大量に収集することを試みている者がいる。ただし、グーグルストリートビューでは、人間の顔にフィルターがかかるため、子供たちの表情を知ることはできない。なお、この試みは、ある閉鎖的なウェブサイトで発表されているため、ここで詳細を明かすことは避ける。

ところで、現代人は、さまざまな理由で、大量の監視カメラを設置している。近年では、インターネットを経由して映像を閲覧できる監視カメラが主流である。そして、そのような監視カメラのなかには、パスワードが設定されておらず、誰でも閲覧が可能になっているものがある。

Insecamは、パスワードが設定されておらず、誰でも閲覧できるようになっているウェブカメラを集めたウェブサイトである。ここに掲げられているカメラのなかには、例えばラジオ局の収録スタジオのように、一般公開を目的として設置されているものもある。しかし、カメラの設置者が、映像をインターネットに公開することを想定していないものもあるようである。

監視カメラの映像を見ていると、人間たちがどのようなものを守りたいと願っており、また、どのような外敵を恐れているかが見えてくる。例えば、住宅の裏口、野外の資材置き場、アパレル系の小売店の店内などに、世界各地の人々が、多数の監視カメラを設置している。

そして、当然ながら、これらのカメラに子供たちが写り込むことがある。一例を挙げると、この映像は、台湾のファストフード店が設置した監視カメラに写り込んだ子供たちである。

0001

声かけ写真展に反対する署名運動の発信者は、「知らないおじさんの声かけ」は「治安を乱す」と断言している。実際に、地域の安全を守り、成人男性を子供たちから隔離するために、多数の監視カメラが設置されている。しかし、その監視カメラを利用することで、子供たちのありのままの姿を写し取ることも可能である。

ウェブカメラで撮影される者と、それを見ている者は、ときには地球を半周するくらい遠く隔てられている。そして、カメラが設置されている地点が日没を迎えるまで、ただ黙ってPCの画面を見ていることになる。

投稿者: Hakaba Hitoyo

墓場一夜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください