それはそれとして俺はお前を殺す

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、それはそうなのだが、暴力が悪いとは一言も言っていない。むしろ積極的にやっていくべき。

インターネットの人類は、ともすれば、攻撃的になることを忌避する意見を吐露しがちである。けれども、それは数が多い陣営に圧倒的に有利なルールである。なぜならば、そちらに属していれば、怒ったり嘆いたりする機会がそもそも少なくて済むからだ。

インターネットでは気に入らないことがあればがんがん叩いたり愚痴ったりすべき。なにしろ、分散SNSでは「死ね」とか「殺す」とか書いても (文脈が本物の脅迫でない限りは) 凍結されないという利点がある。わざわざ「○す」とか「ケア」とか書かなくていい。

私が何が嫌いかというとマジョリベーションの一言に要約できるので、もしお前らがそれに一歩でも足を踏み入れたら、俺はお前を殺す。

広告

投稿者: Hakaba Hitoyo

墓場一夜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中