それはそれとして俺はお前を殺す

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、それはそうなのだが、暴力が悪いとは一言も言っていない。むしろ積極的にやっていくべき。

インターネットの人類は、ともすれば、攻撃的になることを忌避する意見を吐露しがちである。けれども、それは数が多い陣営に圧倒的に有利なルールである。なぜならば、そちらに属していれば、怒ったり嘆いたりする機会がそもそも少なくて済むからだ。

インターネットでは気に入らないことがあればがんがん叩いたり愚痴ったりすべき。なにしろ、分散SNSでは「死ね」とか「殺す」とか書いても (文脈が本物の脅迫でない限りは) 凍結されないという利点がある。わざわざ「○す」とか「ケア」とか書かなくていい。

私が何が嫌いかというとマジョリベーションの一言に要約できるので、もしお前らがそれに一歩でも足を踏み入れたら、俺はお前を殺す。

広告

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、少なくともインターネットにおいては

オックスフォード英語辞書の選考によると、2016年の英語圏の流行語大賞はポストトゥルースであった。世界の人々は、真実が失われつつある時代をどのように生きていくべきか、さまざまに思いを巡らせていた。ところで、2018年の人類は、フェイクニュースとの戦いに血道を上げている。

事実が存在しないことに直面する機会は、意外なところにも転がっている。たとえば、密室で行われた性犯罪においては、真実は本人たちにしか知りようがない。そして、インターネットの男性たちにとっては受け入れがたいかもしれないが、そのようなときは、被害者の訴えに依拠して加害者を罰するほかに、有効な手立てはほとんどない。

事実は、それが一つしかないと信じられているがゆえに、それを奪い合う闘争を呼び起こしている。ことによると、その闘争は本来は避けられるものかもしれない。私たちがそれを奪い合うことを止めれば。

事実を見出すには、それなりの資金と人員を動員する必要がある。だから、それらを大規模に動員できる者が、長期的には必ず勝つ。じつのところ、それはあまり民主的ではないし、私たちの社会にとってあまり良いことではないかもしれない。

インターネット (正確にはConsumer Generated Media) が自分自身で事実を生み出すことはめったにない。ほとんどの場合、それは資金と人員を動員できる誰かが採掘して、それがインターネットに持ちこまれたものである。それを手にした者は一方的な殺戮が可能である、反対側の陣営が別の事実を入手するまでは。

科学またはテクノロジーを愛するインターネットの論客たちは、特に、自分たちの知識を敵対陣営への攻撃のために用いすぎていないかどうかと、社会の他のセクションに対して科学もしくはエンジニアリングのような発想を適用しすぎていないかどうか、年に一度くらいは考えてみるとよいだろう。

私たちは、隣人が無知であることを許容すべきかもしれない、少なくともインターネットにおいては。私たちが手にしているのは、理性の光ではなく、人を殺す武器である。

フラットデザイン化された神と、そのエバンジェリスト

面倒なので引用元にリンクしないが、「同意していない相手を性的な行為に巻き込むことは性暴力」であるという主張が、原文では太字で書かれている。

シンプルなルールで倫理を再定義したいという欲求は、現代の日本に特有であるように思われる。歴史的には、たとえば新約聖書は、饒舌なたとえ話に満ちている。

あるいは、インターネットの論客に対しては、「四本脚はよい、二本脚は悪い」程度のスローガンがお似合いだと判断したのかもしれない。残念ながら、これはまったくの逆効果である。これまでに、インターネットの論客のうちでも特に幼稚な者たちが、同様のスローガンを嬉々として反復してきた (1, 2, 3, 4) からである。

結局のところ、牧村朝子はフラットデザイン化された神を発明したように見える。しかし、これは神ではなくモンスターに過ぎない。「同意」が実際には何を意味するかを明らかにするためには、『資本論』よりも長大な論考が必要である。私たちがスマートフォンでアイコンをタップするとき、内部では100万ステップのプログラムがあわただしく実行される。いずれもシンプルなのは見た目だけである。

フラットデザイン化された神に仕えるエバンジェリストが、野蛮な原住民を教化しようと決意したならば、その神を過信しないことが何よりも重要である。あなたは殉教者になることを覚悟しているだろうか?

私たちの弓矢には、すでに猛毒が塗られている。

LGBTPZNは無料の治安維持装置として再出発すべきか?

LGBTPZNは「やってしまわないための連帯」の可能性を開拓しうる概念であるという驚くべき主張を知り、たいへん刺激を受けた。

身内から犯罪者を出さないよう相互監視するペドフィリアの団体は、牧村朝子の主張によれば国内外に存在するそうだが、そのような無料の治安維持装置がLGBTPZNの「可能性を開拓しうる」というのは、あまりにも虫が良すぎる。まるで、アウシュビッツの看守にユダヤ人を任命するかのようだ。

未遂者が、既遂者を生贄として差し出すことで保身を図ろうとするであろうという期待、そして、それを無料の治安維持装置として利用できるという期待は、いずれも哀れな空想である。実際のところ、もしLGBTPZNの団体が組織されれば、既遂者の逃亡と証拠隠滅を全力で支援するだろう。

どんなに強力な殺虫剤をもってしてもゴキブリを根絶することはできないし、どんなに花粉症が辛くてもすべての杉の木を伐採することはできない。もちろんペドフィリアも。しかし、そのような空想を表明することは自由だ。

補足 「性的指向を生得性と変更不可能性の二点から性的嗜好より上位に置く価値観を問い直」す、という主張については、何ら反対する理由がない。

マストドンのユーザーレコメンデーションについて追記

マストドンのユーザーレコメンデーションがブームに? の補足。

Misskey

Misskeyはマストドンではないが、ActivityPubで連合を形成する。そして、おすすめユーザーを持っている。Misskeyのおすすめユーザーのアルゴリズムは以下:

  • 7日以内に投稿している。
  • ローカルユーザーである。
  • フォロワーが多い。

https://github.com/syuilo/misskey/blob/master/src/server/api/endpoints/users/recommendation.ts

それとは別に、投稿のカテゴリーによっておすすめユーザーを推定する構想があるようだ。

Halcyon

Halcyonは、タイムライン (ホーム、ローカル、連合) に出現したユーザーのうち、まだフォローしていない者をランダムに選ぶ。