登録ユーザー数が多いにもかかわらず荒廃したインスタンスの実例

登録ユーザー数をインスタンスの評価に使うのはもうやめよう から記事を分離しました

マスタベ丼

ドメイン名は masutabedon.com。現在はアクセスできないのでリンクにしない。

最盛期には5,000人を超える登録ユーザー数を誇ったが、業者によるボットがAVの宣伝を流すだけのインスタンスになり、ユーザーによるトゥートはほとんど途絶えた。2017年6月に予告なしに閉鎖された。

マストドン史上最悪のインスタンスとして呼び声高い。

堀江丼

堀江貴文の名前を借りて3,567人のユーザーを集めたものの、記事執筆時点 (2017年7月21日22:17) の流速は 1.5 トゥート/時で 32 位。これは末代メンヘラなどの小規模インスタンスを下回っている。しかも、その流速の大半をボットが占めている。

カブトドン

登録ユーザー数は2,335人を誇るものの、記事執筆時点 (同上) の流速は 0.9 トゥート/時の46位、しかもその大半がボットである。

広告

投稿者: Hakaba Hitoyo

墓場一夜

“登録ユーザー数が多いにもかかわらず荒廃したインスタンスの実例” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。