登録ユーザー数をインスタンスの評価に使うのはもうやめよう

マストドンのインスタンス一覧はユーザー数順のものが多く、デファクトスタンダードである k52.org も例外ではない。しかし、インスタンスの評価に登録ユーザー数を使うのは悪い考えである。かわりに 分散SNSフォーラム の流速順リストを使うべきだ。

広告

マストドンの話です。マストドンについての説明は以下をおすすめします。

マストドンには多数のインスタンスがあるので、インスタンスの一覧をうたうウェブサイトが多数あります。

なお、ウェブサイトのタイトルを書くとどれも「マストドンインスタンス一覧」みたいな名前になってしまうため、ドメイン名または運営母体を記載しています。

では、インスタンス一覧の特徴を順に見ていきましょう。

instances.social

これは海外のサイトなので、日本語中心のインスタンスだけを選ぶことができません。インスタンスのリストのほかにインスタンス推薦ウィザードがあるのが特徴です。

リストのシンプルモードは新着順です。前に見たときはアルファベット順だったような記憶があります。アドバンストモードは以下のような多数のソート順を選択できます。

  • 状態 (稼動/停止)
  • ドメイン名 (アルファベット順)
  • 登録ユーザー数
  • トゥート数
  • 接続インスタンス数
  • ユーザー登録の受付可否
  • バージョン
  • 稼働率
  • HTTPS
  • Obs (日本語訳不明)

tacostea.net

作者は日本語話者なのですが、言語による区別を行っていません。以下のような多様なソート順を選択できます。

  • ドメイン名 (アルファベット順)
  • 状態 (稼動/停止)
  • バージョン
  • バージョンをアップデートした日
  • 登録ユーザー数
  • トゥート数
  • 接続インスタンス数
  • ユーザー登録の受付可否
  • IPv4, IPv6接続可否
  • ディレイタイム

文字がめちゃくちゃ細かく、オタク向けのUIです。「新バージョン追従バトルを観測する」ことを目的に開発されたとあります。

k52.org

おそらく最も有名なインスタンス一覧です。並び順は登録ユーザー数または新着順で、デフォルトは登録ユーザー数です。

インスタンスの名称または説明文に日本語が含まれていることが条件なので、日本語圏のインスタンスのみを探すことができます。この性質のため、mastodon.cloud は日本語のトゥートが多いにもかかわらず k52.org に収録されていません。

また、登録ユーザー数が 20 以上のインスタンスのみが表示されるため、新興インスタンスにとっては参入が難しいリストになっています。

mastodon-instance.com

言語は「日本のみ」と「全世界」から選べます。並び順は以下のものがあります。

  • 新着
  • 登録ユーザー数
  • トゥート数
  • 接続インスタンス数

デフォルトは新着順です。

マストドン検索ポータル

並び順は登録ユーザー数です。

分散SNSフォーラム

並び順は流速のみで、変更できません。日本語圏のインスタンスのみを収録しています。ただし、mastodon.cloud は日本語のトゥートが多いためリストに含めています。インスタンス開設以来のトゥート数が 40 に達するまで表示されないため、新興インスタンスは表示されない場合があります。

流速は、ローカルタイムラインの直近 1 時間または直近 40 トゥートを収集し、「トゥート数/時間」を計算したものです。流速は 1 時間に 1 回の間隔で測定します。

登録ユーザー数をインスタンスの評価に使うのはもうやめよう

instance.social は海外、tacostea.net は技術者用、mastodon-instance.com分散SNSフォーラム はまだあまり知られていないので、k52.org が日本ではデファクトスタンダードになっています。例えば、2017年7月21日の日経スタイルの記事でも k52.org が紹介されています。この k52.org のデフォルトの並び順は登録ユーザー数です。

しかしながら、登録ユーザー数をインスタンスの評価に使うのは悪い考えです。2017年4月のマストドンブームに乗ってユーザーを集めたものの、すぐに荒廃してしまったインスタンスが複数あります (登録ユーザー数が多いにもかかわらず荒廃したインスタンスの実例 参照)。また、ローカルタイムラインを見るためにユーザー登録して、トゥートは他のインスタンスで行うようになったユーザーも多いはずです。

新着順は、新興インスタンスに光が当たるという利点があり、悪くないアイディアです。しかし、ユーザーの立場からすると、新興インスタンスはユーザーが少なすぎ、ローカルタイムラインでの交流は寂しくなりがちです。(リモートフォローを駆使してホームタイムラインを充実させていくという使い方もあり、分散SNSフォーラムはそれを推奨していますが、そうであればそもそもインスタンスを選ぶ必要がありません。)

トゥート数は、登録ユーザー数よりはインスタンスの実力に一致していると感じられます。しかしながら、これはインスタンスの開設から現在までの累積であるため、過去には勢いがあったものの、現在は荒廃しているインスタンスが上位に来ることがあります。特に、マストドンにおいては、2017年4月のブームの時期と、それ以降の時期とで状況が大きく異なるため、当時を含む累積値を指標として用いると現在の状況が反映されにくいという事情があります。

流速は、過去からの累積を用いず、現時点でのインスタンスの活発さを反映した指標です。そのため、過去の人気にとらわれず、現時点での実力を見ることができます。

とはいえ、流速順にもいくつかの欠点があります。第1に、スパムによる投稿を算入してしまうことです。ただし、あまりにもトゥートが多すぎるスパムは、ユーザーやインスタンス管理者にブロックされやすいため、スパマーはぎりぎりの投稿頻度に調整しようとします。そのため、流速がスパムによって極端に影響されることはありません。

第2に、流速はトゥートの数を数えるのみであり、トゥートの質を考慮しないということです。流速は遅いものの、ほどよく限定されたテーマについて、よく考えられたトゥートが見られるインスタンスに、かくどんユリトピアがあります。

いずれにせよ、マストドンのインスタンスの評価に登録ユーザー数を使うことは最悪です。かわりにローカルタイムラインの流速を採用すれば、より直感に合致した評価基準にもとづいて、インスタンスを選択することができるでしょう。分散SNSフォーラムのリストを使ってください。

投稿者: Hakaba Hitoyo

墓場一夜

“登録ユーザー数をインスタンスの評価に使うのはもうやめよう” への 2 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。