LGBTPZNの支持者の多様性

ちゃんとした文章を書くのは疲れるので箇条書き。画像はサーバルちゃんフォント

  • ポーランドのLGBTPZNはLGBTを中傷するための造語であったらしい。ポーランド語は読めないので詳しい経緯は不明。
  • 日本のLGBTPZNは、Go_8yo氏が2016年4月ごろに突如として思いついた。このとき、ポーランドにおけるLGBTPANの用法は日本では知られていなかった。
  • 2016年9月26日にLGBTPZNが大流行した。このとき、ポーランドにおけるLGBTPZNの用法について指摘があった。また、PZNは「解放運動」を表す頭文字であり、LGBTPZNは単にLGBT解放運動を意味するという指摘もあった。
  • この時期のLGBTPZN支持者は迂遠な言語表現を用いる傾向にあり、LGBTPZNが実際にどのように受容されていたか知ることは難しい。いま思えば、LGBTPZNのうちPに限って言えば、子供の性の自己決定権を侵害しない限りP当事者の権利を満足できないことへの絶望感が、LGBTPZNという語の使用に込められていたように思う。しかし、当時そのことを明言していた者はいないので、あくまでも推測である。
  • 2016年9月27日にLGBTPZN.org (現在のLGBTPZNポータル) がオープンした。LGBTPZNポータルはLGBTPZN支持者のなかでも特に楽観主義ないし理想主義の立場をとっている。「LGBTPZNはアクロニムではなく、多様な性を象徴するシンボルであると考えられています」や「8番目のアルファベットは、あなたです」といった、包摂と寛容を重視したスローガンを用いている。LGBTPZNポータル運営者の楽観主義は、例えば2016年11月10日のツイートに現れている。
  • nexaは、バニラとLGBTの分断、あるいはLGBTとPZNの分断を、「ヘゲモニー」や「二等市民」といった強烈な表現で非難している。そして、LGBTを称揚しPZNを否定する者が、同じ原理でバニラとLGBTを分断していることを明らかにした。
  • 自然法被害者の会は、LGBTPZNの「錯乱」あるいは「異常」という側面を肯定的に評価している。
  • 2016年11月23日ごろインターネットバトルが発生したが、特に目立った変化がないまま収束した。
  • 2017年4月11日ごろLGBTPZNが再び流行した。

まとめ

  • LGBTPZNは統一した組織を持たず、個人がばらばらにインターネットに発信しているうえ、迂遠な言語表現を好む傾向があり、運動の当事者であってもよく分かっていないことが多い。