砂鉄はどのようなアカウントか

LGBTPZN Advent Calendar 2016 参加記事。

2016年9月26日、LGBTPZNという用語がツイッターで大量に言及された。私はこの日をLGBTPZNの革命記念日と呼んでいる。その後、LGBTPZNは静かに浸透していったが、同年11月23日、再びLGBTPZNが注目される事件が起きた。それは、砂鉄 (satetu4401) がツイッターでLGBTPZNに言及したことで、多くの人がLGBTPZNを知ることになったことである。私はこれを「砂鉄事件」と呼ぶことを提案する。ここでいう「事件」とは、たとえばソーカル事件のような、スキャンダラスな議論あるいは異議申し立てという意味合いである。

11月23日の砂鉄事件におけるツイッターでのLGBTPZNの言及数は、9月26日の「革命」と比べるとずいぶん小さい。それでも砂鉄事件を重視するのは、以下のような理由がある。第1に、良く言えば平穏、悪く言えば停滞していたLGBTPZNが再び活発になったこと。第2に、ほとんど賛同者によってのみ言及されていたLGBTPZNが、反対者にも広く知られるようになり、激しい反発と議論を呼んだことである。

砂鉄がLGBTPZNに言及したツイートは、以下の3件である。ただし、RTといいねは記事執筆時 (2016年12月1日) の数値である。

  1. LGBTPZN、ポリコレごっこしてた連中に本物の政治的中立性を叩きつけてる感あって非常に面白いな。ちなみにレズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ペドフィリア・ズーフィリア・ネクロフィリアの略で、これらは多様な性嗜好全てを象徴する物で他の性嗜好も内包すると表明している (11月23日、175 RT、167いいね)
  2. LGBTみたいな一部の性癖だけを特権階級化する差別的な運動より、LGBTPZNの方が余程政治的に中立性高いし、LGBTが偽物でLGBTPZNが本物っていう判断で正しいんじゃないの。何で差別的な集団が本物面してんだよ引っ込んでろ (11月28日、81 RT、96いいね)
  3. 俺はLGBTPZNの「他人の性癖に干渉するな」という運動なら支援するがLGBTの掲げる「私たちの性癖は許されるべきだが、ある性癖は許されるべきではない」という主張については全く賛同しないし積極的に破壊すべきだと思っている。これは典型的な社会差別の発想であり許されるべきではない (11月28日、213 RT、238いいね)

これらの発言を読み解く前に、まずは砂鉄というツイッターアカウントがどのような性質を持つものか見ていきたい。

11月23日の1日間で、砂鉄のツイートは39件である。LGBTPZNに言及したのはこのうちの1件。この時点では、砂鉄がLGBTPZNに言及するのは、この1件のツイートで終わると予想した人が多いのではないか。少なくとも私はそう思った。しかし、11月28日に第2波として2件のツイートがあり、それを最後にLGBTPZNへの言及は止んだ。

LGBTPZNに言及していないときの砂鉄は何をしているのだろう? まず、ゲームについての言及が3割ほど。これは、いたって平穏な内容だ。そして、過半数のツイートは、議論のあるテーマに対する論評にあてられている。

11月28日の砂鉄のツイートのうち、2件のツイートを引用する。

  1. そもそも、政治家なんてもんは「カッコ良くて国民に人気があったら後は余計な事しなけりゃ一流」なんだよ。政策とか別にどうでもいい。何故か分かるか? 人間ってのは嫌いな上司の下じゃ100%の力が出ない。国民全体が2割も3割もやる気無くしてる状態で、どんな政策打とうが無意味なんだよ
  2. 逆にすげーカッコよくて、国民が思ってる事をバンバン言ってくれて、ただ椅子に座って何もしなけりゃ「国は良くなる」んだよ。国を実際に動かしているのは国民であって政治家じゃない (引用者により後略)

これらのツイートは、ある意味では砂鉄自身の像が反映されているようにも思われる。すなわち、議論のあるテーマに対して、独自の見解で切り込み、扇情的な口調で断言するという、ある種のポピュリスト政治家に似たスタイルである。

そして、もっとも特徴的なことは、砂鉄が言及するそれぞれのテーマに対して、独自の視点ないし解決策を、そのつど考えているように見えることである。対照的に、平均的なインターネットの論客は、まず自分の中で核となる主張を持っていて、それをそれぞれのテーマないしトピックに適用しているのがほとんどである。

比較のために、高木浩光 (HiromitsuTakagi) のツイッターアカウントを見てみよう。なお、TakagiHiromitsuも同一人物のアカウントである。前者は個人、後者は職業上の立場からなされるツイートであるようだ。高木浩光にとって、それらの立場は明確に分けられるものではないが。

高木浩光のツイッターでのスタイルは、砂鉄と似たものがある。その口調は激しく、反対者に対する攻撃は熾烈をきわめる。武雄図書館問題に端を発する、樋渡啓祐武雄市長 (当時) とカルチュア・コンビニエンス・クラブに対する苛烈な攻撃は、いまも折に触れて進行している。

高木浩光が追及するテーマは、一貫して、コンピューター化された社会におけるプライバシーである。過去にはプライバシーではなくセキュリティを問題にしたこともあるが、徐々にプライバシーの話題が増えていき、現在ではほとんどすべてを占めている。武雄図書館問題も、高木浩光が噛み付いた当初の動機は、図書館の利用者カードとTポイントカードを統合することにより、図書の貸出履歴がカルチュア・コンビニエンス・クラブに流出する懸念があったためである。図書館の貸出履歴は、利用者の知識や関心に直結する情報であり、もし貸出業務に必要な範囲を超えて流出すれば、利用者のプライバシー権、ひいては思想・信条の自由が侵されるであろう。(Tポイントカードはカルチュア・コンビニエンス・クラブ社が運用している。)

砂鉄が特定のテーマないしトピックに執着せず、それぞれのテーマに対して一見ばらばらに見える主張をしていることは、私には奇異に感じられる。

では、砂鉄によるLGBTPZNへの言及は、どのように解釈すべきだろうか? (明日に続くかもしれない。)

追記

LGBTPZNアドベントカレンダーで女性器に擬態している植物さんが「🐸は主張が一貫性を欠くという点でTwitter論客の中では特異的だ」みたいなことを書いてたけど、僕にはテクノロジーによってこれまで評価されてきた努力や方法論が無効になる。みたいな話を延々やっているように見える https://twitter.com/shikousei/status/839722167285637120

広告

投稿者: Hakaba Hitoyo

墓場一夜