日本のマストドンインスタンス各位、GDPRにビビりヨーロッパ人を締め出す

違法か合法かではなく邪悪か善良かを考えて行動すべきだ。

広告

GDPR (General Data Protection Regulation) が2016年5月24日に発効、2018年5月25日に施行されることを受けて、日本のマストドンインスタンスに、EU圏内のユーザーを締め出す動きが広がっている。

GDPRについてはJETRO (日本貿易振興機構) の解説を読めばそれほど間違いはないと思う。ところで、プライバシーを保護するための規制であるGDPRがEU圏外のウェブサイト運営者にパニックを引き起こし、EU圏内のユーザーを締め出す動きが広がったことは、とても残念だ。

マストドンは、営利企業に支配されたウェブサイトと比較すれば、ユーザーのプライバシーを保護しやすい仕組みである。このことについてはGargron (マストドンの作者) とlain (Pleromaの作者) がそれぞれ解説している。

EUはプライバシーの権利を基本的人権として擁護する決意を固めており、GDPRはその手段にすぎない。私たちはユーザーデータをロシアの選挙コンサルタントに売ることはないし、著作権窃盗者の収入源となるアドネットワークに参加することもない。結局のところ、私たちはプライバシーの権利という本質的な価値観をEUと共有している。形式的な規則に違反しているかどうかは些細な問題にすぎない。EUの職員は馬鹿ではないのだから、「良いこと」をしているウェブサイト運営者に対して形式的にGDPR違反を適用して罰金を課すことは、絶対にあり得ない。

それでも私たちは、自分自身が規則に違反していないことを確認して安心したいかもしれない。しかし、それは法と規則に対する愛が行きすぎているように思われる。私たちは法と規則を題材にした論理パズルに熱中すべきではないし、形式的な違反を回避するために別のより重大な罪を犯すべきでもない。実際のところ、善良であることは合法であることよりもはるかに重要である。確固たる信念のもとにあれば、いかなる罰を受けても笑っていられるはずだ。

GDPRの違反者には2000万ユーロまたは年間売上高の4 %の罰金を課すことが可能である。しかし、これはGoogleやFacebookのような巨人と戦うために設定された金額であって、ピクシブやドワンゴのような地元資本を想定したものではない。ましてや、非営利の個人が運営しているウェブサイトについては、何かを心配するほうが馬鹿げている。

私たちが自由とプライバシーを愛するかぎり、同じ価値観を共有する全世界の人々に、言語と国境の壁を越えて、ウェブサイトのアクセスを開放すべきだ。マストドンのインスタンスからEU住民を締め出すべきではない。

参考文献

アジテーション駆動開発: その機能に理由はあるか?

駆動開発という接尾語は19世紀末には死語となっていたようであるが、リバイバルを試みたい。以下はアジテーション駆動開発の例である。

明らかにアジテーションがプログラミングよりも先に行われていたのはこの3件くらいで、他はアジテーションが後付けになったり、プログラミングと平行したりしている。

アジテーションのないプログラミングはユーザーに対する媚びだという信念でやっていく。後付けでもいいからアジテーションをやっていけ。

インスタンス管理者と異常者の戦い: 主治医になれない私たちのための精神医学

マストドンのインスタンス管理者がインターネットの異常者と戦うための一助として、インターネット異常者の類型というスライドを書いたことがある。

私の父は医者で、内科医ではあるが、精神病院で入院患者の体調管理をしていた時期が長い。私が子供のころには西丸四方の著書が自宅にあり、精神疾患の存在を身近に感じていた。

西丸四方のエッセイは読みやすく、医学の知識のない読者にも親しみやすい。ただし、当時の医療水準は現在とは異なるため、知識としてそのまま活用することはできないだろう。『異常性格の世界』は、精神疾患と「変わり者」を連続したものとして描写し、たいへんユニークであった。「金魚にも精神分裂病 (当時の名称) がいる」という観察は、生物学的に正確とは思えないが、印象深い。

私たちは医者ではないので、インターネットの異常者を治療することはできない。精神医学の知識が役に立つとすれば、あらかじめ知識があることによって、最初の衝撃を受け流すことができるくらいである。

これは個人的なことだが、父であると同時に主治医であること、子であると同時に患者であることは難しい。

いずれにせよ、すべての異常者を閉鎖病棟に閉じ込めておくことはできないのだから、私たちはマストドンのインスタンスを含む複数の場所で、異常者とのインタラクションを分担しなければならない。顔認識システムを用いて入店と同時に追い出すのは最悪である。

飲食店の感動ポルノ化に悪辣な皮肉

インターネットでは感動ポルノと私刑の結び付きが容易である。

接客従事者の苦労自慢が監視社会の実現に結び付いた古典的な例として、リカオンの顔認識システムが挙げられる。リンク先で挙げられている「迷惑行為」には、迷惑ではあっても犯罪とまでは言えないものや、通常の利用客との線引きが難しいものが多く含まれている。また、実際に迷惑行為がなかったとしても、店員の判断により「迷惑客」の登録が可能である。このことから、客観的には迷惑行為とは言えなくても、たまたま従業員とトラブルになった利用者が「迷惑客」として登録される事態は十分に予想できる。

特に、飲食店の苦労自慢はインターネットで感動ポルノとして消費されがちである。そのため、ドタキャン防止システムと称する私刑プラットフォームの出現は、自然な発想であった。

漫画村を含む特定3サイトのサイトブロッキングが閣議決定された問題についても、私はかつて「著作権窃盗者との戦いを感動ポルノとして盛り上げていったら、インターネットの検閲が待ち構えていた」と評したことがある。

ところで、架空の飲食店の架空のドタキャンがインターネットで演出されるという事件が発生した。飲食店の苦労自慢が感動ポルノとして消費されがちな近年のインターネットに対する、悪辣な皮肉である。事実は啓蒙よりも暴力として作用する、とはいえ、フェイクニュースによってワールドワイドウェブを汚染することは、あまり褒められたものではない。毒をもって毒を制するとでも言うべきか。

架空の一般社団法人という戦術には親近感がある。5ちゃんねるの「国際信州学院大学」に対して、一般社団法人LGBTPZN協会設立準備会も、「山形福祉大学」という大学名を架空の役員の所属先として記載していた。

この記事は義憤というよりは熱狂的な死の舞踏に属するものなので、特に真面目な提言などはありません。これで終わりです。

それはそれとして俺はお前を殺す

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、それはそうなのだが、暴力が悪いとは一言も言っていない。むしろ積極的にやっていくべき。

インターネットの人類は、ともすれば、攻撃的になることを忌避する意見を吐露しがちである。けれども、それは数が多い陣営に圧倒的に有利なルールである。なぜならば、そちらに属していれば、怒ったり嘆いたりする機会がそもそも少なくて済むからだ。

インターネットでは気に入らないことがあればがんがん叩いたり愚痴ったりすべき。なにしろ、分散SNSでは「死ね」とか「殺す」とか書いても (文脈が本物の脅迫でない限りは) 凍結されないという利点がある。わざわざ「○す」とか「ケア」とか書かなくていい。

私が何が嫌いかというとマジョリベーションの一言に要約できるので、もしお前らがそれに一歩でも足を踏み入れたら、俺はお前を殺す。

事実は啓蒙よりも暴力として作用する、少なくともインターネットにおいては

オックスフォード英語辞書の選考によると、2016年の英語圏の流行語大賞はポストトゥルースであった。世界の人々は、真実が失われつつある時代をどのように生きていくべきか、さまざまに思いを巡らせていた。ところで、2018年の人類は、フェイクニュースとの戦いに血道を上げている。

事実が存在しないことに直面する機会は、意外なところにも転がっている。たとえば、密室で行われた性犯罪においては、真実は本人たちにしか知りようがない。そして、インターネットの男性たちにとっては受け入れがたいかもしれないが、そのようなときは、被害者の訴えに依拠して加害者を罰するほかに、有効な手立てはほとんどない。

事実は、それが一つしかないと信じられているがゆえに、それを奪い合う闘争を呼び起こしている。ことによると、その闘争は本来は避けられるものかもしれない。私たちがそれを奪い合うことを止めれば。

事実を見出すには、それなりの資金と人員を動員する必要がある。だから、それらを大規模に動員できる者が、長期的には必ず勝つ。じつのところ、それはあまり民主的ではないし、私たちの社会にとってあまり良いことではないかもしれない。

インターネット (正確にはConsumer Generated Media) が自分自身で事実を生み出すことはめったにない。ほとんどの場合、それは資金と人員を動員できる誰かが採掘して、それがインターネットに持ちこまれたものである。それを手にした者は一方的な殺戮が可能である、反対側の陣営が別の事実を入手するまでは。

科学またはテクノロジーを愛するインターネットの論客たちは、特に、自分たちの知識を敵対陣営への攻撃のために用いすぎていないかどうかと、社会の他のセクションに対して科学もしくはエンジニアリングのような発想を適用しすぎていないかどうか、年に一度くらいは考えてみるとよいだろう。

私たちは、隣人が無知であることを許容すべきかもしれない、少なくともインターネットにおいては。私たちが手にしているのは、理性の光ではなく、人を殺す武器である。

フラットデザイン化された神と、そのエバンジェリスト

面倒なので引用元にリンクしないが、「同意していない相手を性的な行為に巻き込むことは性暴力」であるという主張が、原文では太字で書かれている。

シンプルなルールで倫理を再定義したいという欲求は、現代の日本に特有であるように思われる。歴史的には、たとえば新約聖書は、饒舌なたとえ話に満ちている。

あるいは、インターネットの論客に対しては、「四本脚はよい、二本脚は悪い」程度のスローガンがお似合いだと判断したのかもしれない。残念ながら、これはまったくの逆効果である。これまでに、インターネットの論客のうちでも特に幼稚な者たちが、同様のスローガンを嬉々として反復してきた (1, 2, 3, 4) からである。

結局のところ、牧村朝子はフラットデザイン化された神を発明したように見える。しかし、これは神ではなくモンスターに過ぎない。「同意」が実際には何を意味するかを明らかにするためには、『資本論』よりも長大な論考が必要である。私たちがスマートフォンでアイコンをタップするとき、内部では100万ステップのプログラムがあわただしく実行される。いずれもシンプルなのは見た目だけである。

フラットデザイン化された神に仕えるエバンジェリストが、野蛮な原住民を教化しようと決意したならば、その神を過信しないことが何よりも重要である。あなたは殉教者になることを覚悟しているだろうか?

私たちの弓矢には、すでに猛毒が塗られている。